ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

製品・材料強度

印刷用ページを表示する 更新日:2019年5月28日更新

当分野では、製品や材料の機械的特性を評価する事を目的とした、依頼試験および機器利用を実施しております。また、試験機器の開発や、製品・材料強度に関する研究開発も行っております。ものづくりにおける品質管理・品質評価にお役立てください。

主な依頼試験

※依頼試験のご利用方法・ご利用料金は依頼試験のページにてご確認ください。

  • 金属材料の引張試験 :JIS Z 2241に準ずる引張試験
  • 製品の荷重試験 : 製品に対して荷重をかける試験。引張試験、圧縮試験、曲げ試験が可能です。→(Q&A)
  • 疲労試験 : 材料、又は製品に対して繰り返し荷重をかける試験です。
  • ねじり試験 : 材料、又は製品に対してねじり荷重をかける試験です。
  • ねじ締付け試験 : ボルトやナットなどの締結部品を締付ける試験です。
  • 硬さ試験:材料、又は製品の硬さを測定する試験。マイクロビッカース、ロックウェル、ブリネル硬さ試験が可能です。

試験に関するQ&Aはこちらをご覧ください。→(Q&A)

主な設備・機器

※設備・機器名をクリックすると詳細ページが開きます。
※設備・機器名の後ろに【機器利用】と表示されているものは、機器利用で皆様がご利用できる機器です。ご利用方法は試験機器のご利用(機器利用)のページにてご確認ください。

相談

試験の可否や試験機器の空き状況など、製品・材料強度についてご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ先:03-5530-2193


ページの先頭へ