ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 試験・分析 > 依頼試験ご利用の手順

依頼試験ご利用の手順

印刷用ページを表示する 更新日:2016年12月28日更新

まずは、お電話下さい!!

情報・通信、電子・電気、機械、加工、3D造形、音響、照明、めっき・塗装、材料、環境、資源、ガラス・セラミック、放射線応用、デザイン、その他

本部  技術経営支援室  相談支援係  (江東区青海2-4-10 →アクセス
[総合支援窓口]   TEL. 03-5530-2140

機械、電気、化学、デザイン、3D造形、その他

城東支所  技術支援係  (葛飾区青戸7-2-5 →アクセス
TEL. 03-5680-4632

 快適性評価、安全性評価(生活関連製品、繊維製品など)、3D造形、その他

墨田支所・生活技術開発セクター  (墨田区横網1-6-1 KFCビル12階 →アクセス) 
TEL. 03-3624-3731

精密測定、表面、材料、3D造形、その他

城南支所  技術支援係  (大田区南蒲田1-20-20 →アクセス
TEL. 03-3733-6233

EMC、電子・電気、機械、3D造形、高機能繊維、繊維複合材料、繊維・材料評価、その他

多摩テクノプラザ 総合支援課  (昭島市東町3-6-1 →アクセス
TEL. 042-500-2300

※どこに連絡すればよいのか迷う場合は、総合支援窓口(TEL. 03-5530-2140)にご連絡ください。
※上記の窓口でご相談の内容をお伺いして、適切な担当職員をご紹介いたします。

下矢印

担当職員と日程を調整して、ご来所下さい

  • 各事業所の受付におこし下さい。入館手続きが必要です。
  • はじめての方は、「ご利用カード」を発行いたします。
  • 「ご利用カード」をお持ちの上、担当職員を訪ね、「ご利用カード」をご提示下さい。
  • 「ご利用カード」を既にお持ちの方は、入館手続き後、直接担当職員を訪ね、「ご利用カード」をご提示下さい。

下矢印

依頼試験の受付

  • 担当職員と、試験内容、料金、納期等について、具体的にお打合せ下さい。
  • 担当職員が「試験申込書および承諾書」を作成し、お客様にお渡しします。内容をご確認のうえ、氏名欄に署名又は押印をして下さい。

下矢印

試験料金は前納です

  • 「試験申込書および承諾書」を会計窓口に提出して試験料金をお支払し、「受付済」印を付した「試験申込書および承諾書」、請求書、領収書をお受け取り下さい。
  • 料金の支払いは、コンビニエンスストア又は銀行振込みの方法も可能です。コンビニエンスストアご利用の場合は、会計窓口で納付書をお渡しします。なお、銀行振込利用のときは、別途振込手数料が必要となります。振込みは原則として1週間以内にお願いいたします。
  • 試験の内容が確定できないなどの理由により、試験の受付時に料金が不明のときは、「確定払い」でお受けします。試験が終了したときに料金をご連絡しますので、会計窓口でお支払いの上、成績証明書等をお受け取り下さい。

下矢印

試験の実施

  • 試験は、料金の入金が確認されてから着手します。(「確定払い」の場合は除きます。)
  • 試験に要する日数等は試験内容や予約状況によって異なりますので、担当職員にご確認下さい。
  • 依頼品の搬入・搬出は、原則としてお客様の責任においてお願いします。

下矢印

試験結果(成績証明書等)、試験品をお受け取りにご来所下さい

  • 試験が終了しましたら、担当職員からご連絡します。
  • 成績証明書又は報告書は、払込窓口において、「試験申込書および承諾書」をご提示のうえお受け取り下さい。
  • 成績証明書等の郵送をご希望の方は、担当職員にご相談下さい。
    詳しくは下記リンクをご覧下さい。
    リンク先 成績証明書のお渡しについて
  • 試験品を担当職員よりお受け取り下さい。
  • 試験結果についてご不明な点あるいはご相談のある方は、担当の職員におたずね下さい。

成績証明書の再発行

  • 成績証明書の再発行は、成績証明書発行の日から1年を限度にお受けします。ただし、生地などの試験品の一部を添付している場合は3ヶ月を限度とします。
    ※報告書の再発行はしていません。

免責事項

  • お預かりした試験品につきましては慎重に管理いたしますが、地震・水害等、都産技研の責に帰さない理由により試験品に被害が生じたときは、都産技研は損害補償の責任を負わないこととさせていただきます。
  • 試験機器の故障、試料の不足・不備等により、予定していた試験の実施が困難になったときは、速やかにご連絡いたします。その原因が都産技研にある場合は、再試験の実施、試験料金の返還で対応させていただきます。都産技研に責任がない場合は、「試験不能」の成績証明書又は報告書を発行させていただきます。

 


ページの先頭へ