ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究・開発

研究・開発

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月19日更新

 

都産技研では、皆様の技術課題や社会ニーズに対応した研究開発を実施しています。所内で実施する研究に加え、共同研究や外部資金導入研究を行っています。研究成果は外部発表や知財化をとおして、新製品・新技術開発や新産業創出を目指して普及を図っております。

 

基盤研究

基盤研究イメージ

基盤研究は都産技研が計画・実施する研究です。将来必要となる技術開発や多くの中小企業が抱える課題の解決などを通じて産業の活性化と都民生活の向上を図ります。

 

 

共同研究

共同研究イメージ

都産技研と企業や業界団体、大学などと協力し、それぞれが持つ技術とノウハウを融合し、技術開発や製品化に向けた研究を共同で推進します。共同研究からは多くの新製品や特許が生まれています。
募集は4月と9月の年2回行います。

 

 

研究テーマ

実施中および過去に実施した、基盤研究・共同研究テーマです。幅広い視点から様々な研究を行っています。

外部資金導入研究

国や財団等の競争的資金研究に応募し、採択された課題を実施します。

ロボット産業活性化事業 

ロボット技術開発にとどまらず、必要とされるサービス分野において、商品となるロボットを創り《実用化》、それらのロボットを活かした新しいサービスの提供《事業化》を目指す中小企業を支援します。
※本事業は、東京ロボット産業支援プラザで実施しています。

生活関連産業支援

クールジャパン製品に代表されるように、生活関連製品やサービス分野の付加価値向上の重要性が増しています。都産技研では、デザイン技術、人間特性技術(行動・感性)、情報技術等を活用し、生活の質を高める人間中心の製品やサービス創出のための開発促進および製品評価に係る技術支援サービスを実施しています。

東京都地域結集型研究開発プログラム

東京都地域結集型研究開発プログラムは平成26年11月に事業終了しました。事業の成果についてのお問合せ、当プログラムの実施過程で得た知見を基に事業所でのVOC対策をまとめた「VOC排出対策ガイド―基礎から実践評価まで」のご希望については以下までお問合せください。

経営企画室  TEL:03-5530-2426  FAX:03-5530-2458

研究課題外部評価

外部評価員会を設置し、研究課題を外部の視点から評価することで、研究の活性化を図るとともに社会的ニーズを研究課題に反映させています。

研究ミスコンダクト防止への取組み

都産技研では、研究ミスコンダクト防止を徹底するために、計画・規程を制定するなど、体制を整備しています。

 


ページの先頭へ