ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究・開発 > 研究ミスコンダクト防止への取組み

研究ミスコンダクト防止への取組み

印刷用ページを表示する 更新日:2016年12月19日更新

 

都産技研では、研究ミスコンダクト防止を徹底するために、「都産技研における研究活動の不正防止に関する規則」「研究活動の不正防止計画」を制定するなど、下記のとおり体制を整備しています。

計画・規程類

  • 研究活動の不正防止計画  規程類へ
  • 研究活動における不正防止に関する規則  規程類へ
  • 研究データの保存に関するガイドライン

体制

  • 最高管理責任者、統括管理責任者、コンプライアンス推進責任者、研究倫理教育責任者の設置
  • 不正防止推進部署、告発等受付窓口の設置

職員教育

  • 研究ミスコンダクト防止研修の実施

納入業者等に向けた周知

  • 都産技研と契約等をされる事業者の方へ(注意事項)  入札情報へ
  • 都産技研と契約等をされる事業者からの誓約書の徴収

 研究不正に関する告発受付窓口

経営企画部経営企画室又は総務部総務課

所在地
東京都江東区青海2-4-10
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター本部

(連絡先)
経営企画部経営企画室  電話: 03-5530-2426/FAX: 03-5530-2458
総務部総務課  電話: 03-5530-2750/FAX: 03-5530-2765

(注意事項)
告発は、文書、ファクシミリ、電話又は面会の方法で受付けます。告発を受付ける際には、以下の事項を確認させていただきます。また、不正の調査にあたっては告発者に協力を求める場合があります。ご理解とご協力をお願いします。

  • 告発者の氏名・連絡先
  • 不正を行ったとする研究者・グループ
  • 不正行為又は研究費不正使用・受給の内容
  • 不正行為とする科学的根拠あるいは研究費不正使用・受給とする根拠

告発者は、告発を行ったことを理由として、不利益な取扱いを受けることはありません。なお、調査の結果、悪意に基づく告発であったことが判明した場合には、告発者の氏名の公表、懲戒処分、刑事告発の可能性があります。

 


ページの先頭へ