ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

募集中の技術セミナー・講習会

技術セミナー・講習会の一覧表
種類タイトル開催日会場受講料
(消費税込み)
応募締切
都産技研・JASA連携イベント 中小企業のためのサイバーセキュリティ入門 平成30年6月29日金曜日 本部 無料 平成30年6月22日金曜日
本セミナーでは、サイバーセキュリティについて初心者でも分かりやすい講演を行い、中小企業の経営者や従業員一人一人がサイバーセキュリティについて考える機会を提供します。
MTEPセミナー 【現場で役立つシリーズ】実践 混合物の安全データシート(SDS)作成方法 平成30年7月2日 月曜日 本部 2,600円 平成30年6月25日 月曜日
本セミナーでは、化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS) や法規制に触れながら、具体的に混合物のSDSを作成する手順・方法について解説します。
講習会 現場で役立つ 開発・設計のための実践プロジェクトマネジメント 平成30年7月5日木曜日 本部 4,600円 平成30年6月28日木曜日
プロジェクトを成功させるには「計画前にやること」、いわゆる「段取り」が大切です。本講習会では、プロジェクトの計画づくりから実行段階まで、効果的な段取りのつけ方を事例演習やチーム討議を通して学びます。
セミナー 測光の基礎の基礎 照明製品スペックシートの読み方から照度シミュレータの簡単な使い方まで 平成30年7月6日金曜日 本部 1,500円 平成30年6月29日金曜日
LED照明用光源のスペックシートの内容に関する知識を深め、営業などの現場において、スペックシートを活用した自社製品のアピールや、他社製品との性能比較に役立てていただくことを目的に開催します。
講習会 【多摩テクノプラザでレベルアップ(機械系試験編)】現場環境における三次元測定 平成30年7月13日 金曜日 多摩テクノプラザ 3,000円 平成30年6月29日 金曜日
機械部品の三次元形状、寸法、位置などを測定できる三次元測定機(CMM)について、現場環境で問題となる種々の不確かさ要因に焦点をあて、CMM幾何学誤差の中で寄与率の高い直角誤差の評価を実習します。
講習会 熱拡散率測定 平成30年7月19日木曜日 本部 4,600円 平成30年7月12日木曜日
本講習会では、熱拡散率やフラッシュ法の原理や測定法などの講義につづき、キセノンフラッシュアナライザー(機器利用ライセンス制度対象機器)を用いた固体材料の熱拡散率測定について実習を行います。
講習会 【多摩テクノプラザでスタートアップ(電子製品開発編)】基板設計入門 平成30年7月20日 金曜日 多摩テクノプラザ 3,000円 平成30年7月10日 火曜日
実際に基板を設計する上で知っておかなければならない基礎知識を講義と実習を通して習得します。内容はプリント基板の種類や構造などの基礎的な知識の講義とCADを使った配線パターンの引き回しの実習を行います。
セミナー 吸音・遮音材料の評価と予測 平成30年7月24日火曜日 本部 1,700円 平成30年7月17日火曜日
本セミナーでは、基礎知識として吸音・遮音の違いと代表的な材料、材料の適切な評価方法を解説し、STRATI-ARTZを活用した材料の特性予測方法を紹介します。
講習会 ロボット用ミドルウェアを活用したソフトウェア開発入門【RTミドルウェア編】 平成30年7月24日火曜日 本部 3,000円 平成30年7月17日火曜日
本講習会では、ロボット用ミドルウェア(RTミドルウェア)を活用してロボットのソフトウェアを開発する手法について紹介し、その具体例について実習を通して学びます。
MTEPセミナー MTEPミニ講座 RoHS指令超入門(第2回) 平成30年7月31日 火曜日 本部 1,000円 平成30年7月23日 月曜日
本セミナーでは、初めてRoHS指令に取り組む方を対象として、RoHS指令の基礎的事項、用語の解説、制度の概要を解説します。
セミナー 景品表示法・医薬品医療機器等法を踏まえた生体計測による生活製品評価入門 平成30年8月2日 木曜日 墨田支所 生活技術開発セクター 1,700円 平成30年7月20日 金曜日
健康関連製品やスポーツ用品を主題に景品表示法・医薬品医療機器等法の基礎事項から具体例まで体系的に学びます。併せて都産技研で利用可能な生体計測機器のご紹介します。
学習用DVD MTEP V-learning CEマーキング・海外規格入門シリーズ 即時 郵送 1タイトル 1,300 円(全6タイトル 7,800円) なくなり次第、順次締切
海外規格に必要な情報を集約した入門用シリーズDVDを制作しました。国際規格や海外規格への適合に初めて取り組む方を対象にした、全6コースのDVDとなっています。

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ