ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 産業交流・技術経営

産業交流・技術経営

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月19日更新

産学公連携

企業が抱える技術問題解決のために、都産技研では、大学等の連携協定機関と協力して研究・開発を実施しています。

・協定等締結機関情報
大学研究連携、産業支援機関、行政機関、金融機関と協定、覚書などを締結し、産業振興のための事業連携を図っています。

・学協会連携事業
都内中小企業と学協会との産学公連携を推進するため、学協会と連携して技術講習会やセミナー等の「学協会連携事業」を実施しています。

 

産学公連携ロゴ

東京イノベーションハブ

中小企業の交流支援の場として「東京イノベーションハブ」を設置しています。中小企業と大学・学協会・研究機関との連携を促進するセミナーや交流会、展示会を開催し、産学公連携を推進します。

イノベーションハブの写真

異業種交流支援

異業種交流グループを毎年1グループ募集し、企業間交流活動を支援しています。現在、20以上のグループが活動し、各グループが一堂に集まる合同交流会を毎年1回開催しています。「出会いの場」、「製品開発の場」、『ビジネスの場」を提供しています。

 

異業種交流会の様子

技術研究会

都内中小企業の技術者と都産技研職員によって構成される研究会です。課題解決や技術力向上を目的として活動しています。情報公開や相互連携をはじめ、見学会・発表会なども行っています。

 

ネットワーク公設試(公設試験研究機関連携)

首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、横浜市)の5つの公設試験研究機関が連携して、首都圏ナノテクノロジー・フリーウェイ(TKF)というサイトを設け、設備や保有技術などの情報をインターネットで提供しています。技術的なご相談についても、各機関が協力して対応しています。 

   TKFロゴ            

 

                          

 

首都圏テクノナレッジ・フリーウェイ(外部リンク)

知的財産の活用

都産技研による職務発明を登録(出願)し、都内中小企業等に活用していただく(許諾)ことによって、技術開発・製品開発を支援しています。特許を活用した新製品の開発や、研究期間の短縮化等を支援しています。

 

技術審査

東京都や区市町村、商工団体が行う表彰や助成事業等に必要な技術審査に協力しています。公的な試験・研究機関として、公平・公正・中立な審査行っています。

 

知的審査経営支援

厳しいグローバル競争を勝ち抜いていくための有用な経営手段として、「知的資産経営」が注目されています。「知的資産経営」を活用して、さらに元気で活力ある企業となるための講座を開催しています。

 

 


ページの先頭へ