ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 可搬型X線残留応力測定装置

可搬型X線残留応力測定装置

印刷用ページを表示する 更新日:2017年5月22日更新
設備利用
その他
分類
B:非破壊検査
対象
金属
仕様

コリメータ径:φ1mm(照射面φ約2mm)
X線管球ターゲット:Cr
計測方法:単一入射法
測定項目:残留応力測定、半価幅測定、残留オーステナイト測定
測定対象物:鉄、アルミニウム、銅等
測定時間:約90秒以内(1測定)※材質により異なる

用途
製造品の非破壊での残留応力測定および残留オーステナイト測定
(例)・溶接部周辺 ・熱処理後製品 ・機械加工後製品  等
製造者
パルステック工業株式会社
型番
μ-X360n
導入年度
2016
設置場所
本部
グループ
組織変更に伴う更新作業中となります。
試験規格対応
備考

ご利用をご希望の際は、事前にご相談ください。
オーダーメード開発支援等で測定が可能です。

TIRI NEWS 2017 4月号でこの設備を紹介しました。

料金表については料金改定に伴う更新作業中となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
ご利用料金につきましては、機器利用一覧(料金表)依頼試験一覧(料金表)をご覧ください。

X線残留応力測定装置外観図X線残留応力測定装置による測定例

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ