ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ウェブアクセシビリティ

ウェブアクセシビリティ方針

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月2日更新

ウェブアクセシビリティとは

アクセシビリティという言葉は、一般に「高齢者や障害者など、心身の機能に制約のある人でも問題なく利用できること」を表すために用いられます。その対象は、パソコンや電話機のような情報機器、そしてそれらを用いて利用されるコンテンツ(情報の内容)など広い範囲に及びます。なかでもインターネットを通じて利用されるウェブコンテンツのアクセシビリティを「ウェブアクセシビリティ」といいます。

ウェブアクセシビリティへの取り組み

都産技研ウェブサイトでは、「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に対応することを目標とし、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。

1.対象範囲

都産技研ウェブサイト(http://www.iri-tokyo.jp/ドメイン以下)において、コンテンツマネジメントシステム(以下「CMS」)管理下にあるウェブページを対象範囲とします。

2.目標とする達成等級及および対応度

JIS X 8341-3:2016の等級AAに準拠

注記)都産技研のウェブアクセシビリティ方針における「準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドラインン 2016年3月版」で定められた表記による。(https://waic.jp/docs/jis2016/compliance-guidelines/201603/(外部リンク)

3.例外事項

外部から提供されたサービスをコンテンツとして掲載したウェブページに関しては例外とします

  • Googleマップ、YouTubeなどの動画
  • http://www.iri-tokyo.jp/」配下にあるコンテンツ以外を掲載しているページ
  • PDFファイル(拡張子が.pdfのウェブページ)
  • 動画コンテンツを含むウェブページ

下記検索ページは例外とします

4.担当部署

東京都立産業技術センター 経営企画部 経営企画室 広報係 
TEL:03-5530-2521
FAX:03-5530-2536

ウェブアクセシビリティに関する試験の実施と結果の公表

都産技研ウェブサイトでは、ウェブアクセシビリティの適切な確保を確認するために、JIS-X8341-3:2016に基づく試験を定期的に実施し、結果を公表します。試験の結果「部分適合」「不適合」となった項目について、順次対応を予定しています。

JIS-X8341-3:2016に基づく試験結果


ページの先頭へ