ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 複合素材技術グループ

複合素材技術グループ

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月1日更新

複合素材技術グループでは機能性加工・繊維強化複合材料・材料評価計測の3つの技術分野で対応しております。複合素材開発サイトには、糸加工から、織機、編機などの生地製造、染色や生地へのプリント加工、生地やプリプレグなどの裁断、CFRPなどの成形設備、非破壊検査・分析機器を設置し、試作から製品評価まで、企業の皆さまの支援に取り組んでおります。

中小企業の皆さまへの技術支援として、技術相談、依頼試験、機器利用、各種セミナー、共同研究などを通してさまざまな形でお手伝いさせていただきます。どうぞお気軽にご利用ください。

グループ長 水元 和成
TEL. 042-500-1290
(各技術分野への直通電話番号はページ下部をご覧ください)

トピックス:動画「CFRP関連装置の紹介」他3件を公開しました

複合素材開発サイトで保有している主な装置を、下記の動画で紹介しています。ご利用になりたい装置や相談したい技術内容がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

動画タイトルをクリックすると、YouTube動画ページに飛びます。

トピックス:日本規格協会標準化貢献特別賞を受賞しました

都産技研は、日本規格協会(外部リンク)より「令和2年度日本規格協会標準化貢献特別賞」を受賞しました。

  • 受賞日:2020年10月9日
  • 受賞理由:染色堅ろう度試験関連の規格の開発・利用促進及び試験用品の製作支援・普及促進を推進し、我が国の繊維産業の発展に多大な貢献をした。

複合素材技術グループでは、今後も引き続き染色堅ろう度試験をはじめとした繊維評価試験などにより、中小企業の皆さまの技術支援を実施していきます。皆さまのご利用をお待ちしております。

トピックス:動画「非常用Mg空気電池の共同開発」を公開しました

都産技研の空気電池の技術シーズをベースに、大容量の非常用Mg(マグネシウム)空気電池を中小企業と共同開発しました。Mg空気電池は、使用時に食塩水を注水して使用するため劣化せずに10年以上の長期保管が可能で、容量も大きいため、非常用備蓄電池として注目されています。

担当分野の紹介

機能性加工

導電性インクやペーストによる導電性を向上させた燃料電池やセンサー開発など、化学的な加工により機能を付与する製品開発支援を行っています。
TEL. 042-500-1294

繊維強化複合材料

ホットプレス成形機やオートクレープ成形機による成形技術、炭素繊維や金属繊維の織編物、3DAMの試作加工技術とそれらの評価を加え、生産加工機器による製品開発支援を行っています。
TEL. 042-500-1240

材料評価計測

材料や製品の評価・分析と計測などの技術支援を行っています。
TEL. 042-500-1291


ページの先頭へ