ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生活技術開発セクター > 人間の特性、生活空間・環境を活かしたものづくり支援

人間の特性、生活空間・環境を活かしたものづくり支援

印刷用ページを表示する 更新日:2016年12月19日更新

感覚を数値化する

 ヒトがモノに触れた時の感覚や使用したときの感じ方はさまざまであり、これらの感覚がその製品の特長や付加価値として重要な要素となる場合があります。このような、目に見えない感覚を客観的に数値化できる機器をご紹介します。製品の性能評価や開発製品の差別化などにご活用ください。

「手触り」を数値化する

使用事例

  • 椅子張り、カーペット、カーシートなどの触り心地の数値化
  • タッチパネルの表面特性
  • 保湿クリームなどの硬さや付着性を数値化
  • 発泡体の押し込み硬さを数値化
風合い計測システムテクスチャー評価装置
風合い計測システム
生地の物性を測定することで、生地の風合い予測や、接触冷温感などの測定ができます。
テクスチャー評価装置
柔らかい製品の物性を測定できます。

「におい」を数値化する

使用事例

  • 柔軟剤のにおいの強さや残香性を数値化
  • 製品の消臭性効果の検証
におい識別装置GCMS
におい識別装置
半導体センサ法により、においの強さと質を数値化できます。
ガスクロマトグラフ質量分析計
(におい嗅ぎ付)

質量分析も実施しています。

「きつさ・ゆるさ」を数値化する

使用事例

  • 着圧ソックス、ストッキング、ガードルの衣服圧測定
  • コンプレッションウエア着用時のフィット感の計測
衣服圧
衣服圧測定装置
靴下やストッキング着用時の締め付け力を測定できます。

ヒトをはかる

 機能性が向上したスポーツウエアや体圧分散性が向上した靴用の中敷きなど、ヒトが使用する製品の性能評価は実際にヒトを使って測定する必要があります。そこで、ヒトやモノの動き・圧力・温度変化などがデジタル化できる機器をご紹介します。

 使用事例

  • 介助動作の検証
  • 形状の違いによるキャップの開けやすさの数値化
  • 3Dツール活用による製品化
  • ベッドマットレス仰臥時の体圧分布測定
  • ゴルフクラブのグリップの把持圧分布測定
  • 代謝量計測による機能性スポーツウエアの効果測定
  • 筋活動測定による靴の履きやすさの比較
  • 冷却グッズ脱着時の皮膚温変化を画像化
モーションキャプチャ指腹部接触力センサ3Dデジタイザ
全身モーションキャプチャ
全身 17 箇所にセンサを装着して、全身姿勢を計測することができます。
指腹部接触力センサ
人がモノをつかんだ時、あるいはモノをさわった時の、モノと指との接触力を計測できます。
人体3Dデジタイザ
人体の 3 次元形状を高精度、高速にデータ化できます。
シート型圧力運動負荷装置サーモグラフィ
シート型圧力測定機
柔軟なシート型センサにより、さまざまな生活場面での人と製品の接触部の圧力分布が計測できます。
運動負荷装置
速度や傾斜を任意に設定でき、運動負荷を定量的に制御することができます。
サーモグラフィ
人体や製品の表面温度分布を画像化できます。

モノをはかる

 繊維製品の評価機器のほか、生活関連製品や産業用資材などを中心に「安全・安心」に関係する物性測定や製品の耐久性が評価できます。また、救命具など経年劣化を考慮する必要がある製品に対しては複合的な試験を実施することで、総合的な製品の性能評価に対応できます。

強度を測る

使用事例

  • 作業服の性能評価
  • カバンの強度測定
  • スーツ地の毛羽立ち評価
  • 樹脂製部品の衝撃破壊状況を観察
  • シートの耐衝撃力を数値化
  • 防災用ベスト生地の強度評価
万能試験機衝撃試験機
強伸度試験機
製品がどの程度の力まで耐えることができるか評価できます。
落錘式衝撃試験機
シートや樹脂製品に対して、比較的低エネルギーで衝撃試験ができます。
摩耗試験機破裂試験
摩耗試験機
衣類着用時に起こるさまざまな摩耗状況を評価します。
破裂試験機
生地を膨らませ、破壊した時の圧力を測定します。

耐久性を測る

使用事例

  • ブラインドや配電盤の遮蔽性・断熱性効果の検証
  • キャンプ用品の保冷性評価
  • 印刷物の退色評価
  • 樹脂製品の耐久性検証
  • 玩具等の高温多湿条件下における耐久性検証
日射装置キセノン恒温恒湿槽
日射環境試験室
太陽光シュミレーション(日射装置)により真夏の直射日光を模擬できます。併せて室内の温湿度を調整できます。
促進耐光性試験機
太陽光に近似した光源を使って、色の退色や材料の劣化を促進させます。
恒温恒湿槽
恒温恒湿度条件下で、製品の性能評価ができます。

表面を測る

使用事例

  • 製品の表面観察
  • 異物や傷の視覚的把握
  • ピンホールなど試料や表面の形状観察
  • 生地や繊維の断面観察
  • 製品のRoHS分析
  • 金属材料の分析
マイクロスコープ簡易SEM蛍光X線
デジタルマイクロスコープ
試料表面の拡大観察ができ、前処理が不要で試料の色がそのまま観察できます。
走査型電子顕微鏡(簡易型)
試料表面の拡大観察ができます。
エネルギー分散型
蛍光X線分析装置

製品を非破壊にて測定することができ、製品に含有する元素の定性・定量が可能です。

 


ページの先頭へ