ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 情報発信 > 職員の受賞実績

職員の受賞実績

印刷用ページを表示する 更新日:2020年11月27日更新

国内外の学協会等から、研究成果の実用化、優れた研究、技術の普及・移転に対して賞を受けました。

2020年度受賞実績

2019年「分析化学」J-STAGEアクセスランキング賞

チオ硫酸ナトリウム溶液の安定性とヨウ素酸カリウムの電量ヨウ素滴定

  • 本論文は、分析化学誌の論文の中で、2019年1月から12月の間で最もアクセス数の多かった論文として表彰された。
     
  • 受賞者名 :林 英男(先端材料開発セクター)
     
  • 関連ページ:先端材料開発セクター

日本規格協会標準化貢献特別賞

  • 染色堅ろう度試験関連の規格の開発・利用促進及び試験用品の製作支援・普及促進を推進し我が国の繊維産業の発展に多大な貢献をした。
     
  • 受賞者名:東京都立産業技術研究センター
     
  • 関連ページ:繊維・材料評価(多摩テクノプラザ)

研究発表賞

自己拡張性と膨潤異方性を有するハイドロゲル胆管ステントの開発

  • 本研究はハイドロゲルを材料とした胆管ステントの開発に関わるものであり、研究の独創性及び発表の優秀性が認められ、表彰されたものです。
     
  • 受賞者名:永川 栄泰(バイオ応用技術グループ)

EMS賞

Band alignment of MgZnO alloys and the related band offset calculations

  • 第39回電子材料シンポジウムに参加し若手研究者として大きな貢献をした。
     
  • 受賞者名:太田 優一(電気電子技術グループ)

2020年 第18回ZEN展 大賞

透ける調べ(透明バイオリン)

  • 受賞理由:ZEN展は、入賞作品をご来場者の投票により決定している。
    大賞は全出品中、獲得投票数1位のこと。
     
  • 受賞者名:tiri
     
  • 制作メンバー:横山幸雄、紋川亮、月精智子、大久保智、石田裕也、桑原聡士、児山由美子、鈴木雅洋

一般社団法人日本塑性加工学会 東京・南関東支部賞 技術開発賞

Ti-6Al-4V合金板のプレス成形法の開発

  • 受賞理由:基盤研究の成果を論文掲載、講演会発表を継続して行った結果、優れた業績で独創性のある特定の技術を開発したと認められたため。
     
  • 受賞者:奥出 裕亮、岩岡 拓、中村 勲(機械技術グループ)、片桐 嵩(IoT開発セクター)

公益財団法人日本建築衛生管理教育センター 
第47回建築物環境衛生管理全国大会 事例報告部門 優秀賞

空調機ドレンパンにおける汚染状況の遠隔確認手段の検証

  • 受賞理由:ドレンパンの点検に無線通信カメラを用いて行う方法の有効性について、その独創性と有用性のさらなる検討も期待されたため。
     
  • 受賞者:小沼 ルミ(バイオ応用技術グループ )

公益社団法人日本木材保存協会 第17回木材保存学術奨励賞

木材腐朽菌由来の揮発性有機化合物による木材腐朽検出に関する研究

  • 受賞理由:木造建築物等の劣化予測ならびに診断技術の開発につながる研究に該当する成果と認められたため。
  • 受賞者:小沼 ルミ(バイオ応用技術グループ )

一般社団法人システム制御情報学会 学会賞論文賞

確率分布の事前情報を必要としない粒子フィルタ(機関誌「システム制御情報学会論文誌」 公表論文)

  • 受賞理由:学術・技術に大きく寄与したと認められたため。
  • 受賞者:金田 泰昌、入月 康晴(情報技術グループ)

過去の受賞実績

年度ごとの受賞実績は、年報にも掲載していますので合わせてご覧ください。


ページの先頭へ