ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

金属加工

印刷用ページを表示する 更新日:2016年12月19日更新

塑性加工の以下の内容に関する試験・研究・支援を行っています。

担当分野の主な内容

塑性加工とプレス加工

塑性加工は金属の塑性変形を利用して目的形状を得る加工法です。その中でもプレス加工は量産に適していることから、日本の製造業の発展を支える核心技術となっています。当分野では、都内中小企業において取扱量の多い、板材を対象にしたプレス加工に関する内容を主として、技術支援を行っています。

材料の成形性とトライボロジー

プレス加工において、加工の成否や得られる製品の質を決定する重要な要素として、金型の形状・材質や、被加工材(板材)の材質・成形性、加工部周辺でのトライボロジー特性が挙げられます。当分野では、プレス加工装置および薄板万能試験機と有限要素解析を組み合わせた被加工材の成形性、金型あるいは基礎的なトライボ試験機を用いた加工部周辺のトライボロジー特性に関する研究に取り組んでいます。また、これらの成果に基づいた、技術相談・依頼試験・実地支援を行っています。

依頼試験・機器利用

依頼試験

  • 絞り性試験
  • エリクセン試験
  • 高温絞り試験
  • 球頭張出し試験
  • ボールオンディスク乾燥摩擦試験
  • 油圧プレス加工
  • クランクプレス加工

※依頼試験のご利用方法・ご利用料金は、依頼試験ページにてご確認ください。

この他ご相談の上、オーダーメード試験・オーダーメード開発支援にて、機械・塑性加工に関する試験を承ります。

機器利用

  •  流体・回転機械解析システム

※機器利用のご利用方法・ご利用料金は、機器利用ページにてご確認ください。

主な機器・装置

  • サーボプレス機(100kN)
  • クランクプレス機(150kN)
  • 薄板成形試験機
  • その他 【シャーリングマシン】

主な研究

共同開発研究

  • チューブフォーミングによる小径管の変形挙動の解明(H27)
  • 固体潤滑皮膜と潤滑剤の組合せ効果の解明(H27)
  • 固体潤滑皮膜の摩擦・摩耗機構の解明(H26)
  • ダイヤモンドコーティング工具の開発(H26)
  • セラミックス工具を用いたステンレス鋼板のドライ温間しごき成形の成形技術の開発(H26)

基盤研究

  • 高強度材料の成形性試験におけるデータベースの構築(H28)
  • チタンの深絞り加工におけるドライ・セミドライ加工条件の最適化(H27)
  • 知能化技術援用小型サーボプレスを用いたチタンのドライ・セミドライ深絞り加工技術の開発(H26)
  • 油溶性ポリマー添加油の絞り加工におけるトライボロジー特性の解明(H26)
  • チタンのドライ・セミドライ深絞り加工技術の開発(H25)
  • CVD ダイヤモンド膜の効率的鏡面仕上げ方法の検討(H19)

外部資金導入型研究

  • チタンのドライ・セミドライプレス加工における凝着抑制技術の開発(科学研究費補助金 挑戦的萌芽、H28‐H30)
  • スーパー・ハイテン材の高精度せん断加工に用いる工具の長寿命化技術の開発(一般研究開発助成、公益財団法人 天田財団、H24‐25)
  • 精密打抜き加工における速度効果の解析的および実験的研究(若手研究者助成、塑性加工学会、H23)
  • ドライプレス加工用のボロンドープダイヤモンドコーテッド高靭性超硬合金工具の開発(戦略的基盤技術高度化支援事業、経済産業省、H22‐23)
  • ダイヤモンドコーテッドドライプレス工具用高靭性超硬合金の開発(戦略的基盤技術高度化支援事業、経済産業省、H21)
  • CVDダイヤモンド膜を用いたドライプレス加工の実用化(2)(地域イノベーション創出研究開発事業(経済産業省)、H20)
  • CVDダイヤモンド膜を用いたドライプレス加工の実用化(地域新生コンソーシアム研究開発事業(経済産業省)、H19)
  • 導電性セラミックス工具を用いたドライせん断加工に関する研究(科学研究費補助金 若手研究(B)、H20‐21)

 


ページの先頭へ