ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広域首都圏輸出製品技術支援センター > 支援事例(トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社)

支援事例(トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社)

印刷用ページを表示する 更新日:2021年7月20日更新

掲載事例集 2020年度版 都産技研MTEP 活用事例集

 情報関連通信機器

排尿予測デバイスの海外法規制対応

対応分野 : 海外規格(欧州、米国、中国、韓国、台湾、豪州、サウジアラビア)

排尿予測デバイス     

排尿予測デバイス(DFree)

≪製品の特長≫
超音波を用いて膀胱の膨らみを計測し、専用アプリに排尿のタイミングをお知らせするデバイス

利用前の課題

製品の海外展開を検討するにあたり、輸出候補国の法規制の情報収集、規制適合に対して課題があった。

MTEPの支援内容

  • MTEP 相談では、複数回の利用において、輸出を検討していた欧州、米国、 中国、韓国、台湾、豪州、サウジアラビアの各国法規制の概要を説明し、実際の対応方法についても具体的にアドバイス

利用企業からの声

MTEP専門相談員より、各国規制やその対応内容について丁寧にご説明いただいたことで、必要な手続きなどについて社内理解を深めることができ、市場展開の判断材料となりました。特に、米国、欧州以外の地域に関しては、現地当局の情報が英語以外の場合があり、自社のみの調査に限界があったため、大変助かりました。


トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社
U R L:  http://dfree.biz/(外部リンク)
所在地: 東京都港区虎ノ門1-4-2虎ノ門東洋ビル7階
事業内容: 排泄の悩みや負担を軽減するソリューション『DFree』の企画・開発・販売 

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ