ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > レーザー回折/散乱式粒子径分布測定装置

レーザー回折/散乱式粒子径分布測定装置

印刷用ページを表示する 更新日:2016年12月19日更新
設備利用
依頼試験その他
分類
A:分析・評価:物性測定
対象
 
仕様

測定原理:Mie散乱理論
測定粒子径範囲: 湿式 0.01 μm から 3000 μm まで
測定方式: フローセル測定、バッチ式セル測定
光源:半導体レーザ(650 nm、5.0 mW)、LED(405 nm、3.0 mW)

用途
電池材料、セラミックス、粉末冶金、樹脂、研磨材、固体潤滑剤、触媒、食品、化粧品、製薬など分野においての微粒子・ナノ粒子の粒子径分布測定
製造者
株式会社堀場製作所
型番
LA-950V2
導入年度
2010
設置場所
本部
グループ
先端材料開発セクター
試験規格対応
備考
  1. 粉状、スラリー状、ペースト状、エマルジョンなどいろいろなサンプルの種類に対応できます。
  2. 依頼試験はフローセル測定又はバッチ式セル測定方式での対応となります。
  3. 実際に測定できる粒子径範囲は、試料特性によって異なります。
設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
依頼試験 3.2.25. 粒度分布装置によるもの    [1試料につき] 32R11 10,890円 10,890円

レーザー回折/散乱式粒子径分布測定装置

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ