ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > デジタル衝撃試験機

デジタル衝撃試験機

印刷用ページを表示する 更新日:2019年1月8日更新
設備利用
依頼試験
分類
K:強度・硬さ・振動・衝撃:強度・衝撃
対象
プラスチック
仕様

シャルピー型
ひょう量:0.5・1・2・4・7.5・15 J

アイゾット型
ひょう量:2.75・5.5・11・22 J

用途
シャルピー衝撃試験(JIS K7111-1,JIS K7111-2)
引張衝撃試験(JIS K7160)
アイゾット衝撃試験(JIS K7110)
製造者
株式会社東洋精機製作所
型番
デジタル衝撃試験機DG-UB
導入年度
2006
設置場所
本部
グループ
表面・化学技術グループ
試験規格対応
  • JIS K7110
  • JIS K7111-1
  • ISO 179-1
  • ISO 180
備考

標準試験片形状の試験体のAノッチの加工料金は含まれております。
標準試験片:80×10×4mm(アイゾット、シャルピー共通)
ガラスや金属材料等はお受けできません。
ASTM規格には対応しておりません。

設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
依頼試験 1.1.7. 非金属材料の衝撃試験    [1試験片につき] 11711 2,120円 2,120円

デジタル衝撃試験機(シャルピー型)

本装置は公益財団法人JKA補助事業のRING!RING!プロジェクト(外部リンク)による補助を受けて設置しています。

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ