ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 雑音端子電圧測定システム(単相/三相電源)

雑音端子電圧測定システム(単相/三相電源)

印刷用ページを表示する 更新日:2019年10月11日更新
設備利用
依頼試験機器利用
分類
F:EMC
対象
 
仕様
依頼試験(電源ポート)
  • 測定周波数: 9 kHzから30 MHzまで
  • LISN:
    • 単相LISN(型式: ENV216)
    • 三相LISN(型式: NNLK8121)

 

機器利用(電源ポート)
  • 測定周波数: 150 kHzから30 MHzまで
  • LISN:
    • 単相LISN(型式: ENV216)

 

用途
製品の電源線へ伝導し放出する電磁波が規制値を超えていないかどうかを測定
製造者
株式会社東陽テクニカ
型番
-
導入年度
2009
設置場所
多摩テクノプラザ
グループ
電子・機械グループ
試験規格対応
  • IEC 61000-6-3
  • IEC 61000-6-4
  • IEC 61326-1
  • IEC 60601-1-2
  • CISPR 11
備考
設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
依頼試験 5.11.1. 10m法電波暗室 (2) 雑音端子電圧測定 イ.基本料 [1時間につき] 5B521 19,600円 39,200円
依頼試験 5.11.1. 10m法電波暗室 (2) 雑音端子電圧測定 ロ.追加料[30分につき] 5B522 6,890円 13,790円
機器利用 21.11. 10m法電波暗室エミッション測定  [1時間につき] NB1 14,400円 15,600円

雑音端子電圧測定システム(単相/三相電源)

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ