ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > エネルギー分散型蛍光X線分析装置

エネルギー分散型蛍光X線分析装置

印刷用ページを表示する 更新日:2021年7月14日更新
設備利用
依頼試験機器利用
分類
A:分析・評価:機器分析
対象
 
仕様

X線照射向き:上面照射
測定雰囲気:大気
測定元素:12Mg から 92U まで
分析領域(ビームサイズ):0.2×0.2 mm、0.5×0.5 mm、1.2×1.2 mm、3.0×3.0 mm
観察可能な試料サイズ:W250 mm×D200 mm×H150 mm

用途
X線を試料に照射したとき、試料から発生する蛍光X線を検出して元素分析を行う装置
試料の構成元素の確認、元素分布状況、異物分析が可能
製造者
日立ハイテクサイエンス(旧:エスアイアイ・ナノテクノロジー)
型番
SEA6000VX HSFinder
導入年度
2012
設置場所
墨田支所
グループ
組織変更に伴う更新作業中となります。
試験規格対応
  • IEC 62321
  • JIS K 0119
備考
料金表については料金改定に伴う更新作業中となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
ご利用料金につきましては、機器利用一覧(料金表)依頼試験一覧(料金表)をご覧ください。

エネルギー分散型蛍光X線分析装置

本装置は公益財団法人JKA補助事業のRING!RING!プロジェクト(外部リンク)による補助を受けて設置しています。

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ