ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 日射環境試験装置

日射環境試験装置

印刷用ページを表示する 更新日:2018年4月1日更新
設備利用
機器利用
分類
J:電気炉・恒温恒湿・冷熱衝撃:恒温恒湿
対象
 
仕様

【主室】

  • 室内サイズ:5000(W)×4000(D)×2850(H)mm
  • 温度制御範囲:-30℃から60℃(日射点灯時は45℃まで)
  • 湿度制御範囲:10%RHから90%RH(日射点灯時は原則制御不可)
  • 風速:1m/s以下 (空調動作により常時発生)

【副室】

  • 室内サイズ:2500(W)×4100(D)×2850(H)mm
  • 温度制御範囲:0℃から60℃
  • 湿度制御範囲:10%RHから90%RH(50℃以上では湿度制御不可)
  • 風速:1m/s以下 (空調動作により常時発生)

【日射装置】

  • 日射量:500W/m2から1,200W/m2
  • スペクトル:JIS C 8912 C級(スペクトル以外は非準拠)
  • 有効照射範囲:ランプから距離1mにおける1m×1m
    ※上記範囲内であっても最大で±15%の照射ムラがあります。
    ※照射範囲を外れると日射量は指数関数的に減少します。
    ※ランプから距離が離れると10cmあたり約3%日射量が減少します。

ほか、温湿度計(別料金)、風速計(別料金)、日射計、試料台など

用途
太陽光を模擬したランプを照射し試料の温度上昇を検証する。(主室+日射装置)
温湿度を制御した部屋で被験者による実験を行う。(副室)
製造者
株式会社チノー
型番
TSG13-ER01
導入年度
2013
設置場所
墨田支所
グループ
生活技術開発セクター
試験規格対応
備考

日射装置は主室においてのみ利用可能です。
内部に人が滞在しての被験者実験は副室でのみ実施可能です。

車での搬入についてはこちらのページをご参照下さい。

【主室・副室共通事項】
ある温度(湿度)からある温度(湿度)へ一定の速度で環境を変化させることはできません。
そのためサイクル試験には適していません。

夜間の運転はできません。

下記のものを持ち込んでのご利用はできません。

  • 薬品などの危険物
  • 食品
  • 放射性物質
  • 犬や猫などの動物
  • 昆虫や微生物など
  • 10リットル以上の液体
  • 160Wh以上のリチウムイオン電池
  • その他、職員が危険と判断したもの

【主室をご利用のお客様へ】
日射装置のみのご利用はできません。主室の使用料が別途発生します。
日射ランプ点灯時は設定できる温度・湿度に制限があります。
主室をご利用のお客様には確認書の事前提出をお願いしております。
確認書 [PDFファイル/127KB](2019年4月更新)

【副室をご利用のお客様へ】
室内に滞在して実験される場合は2名以上でのご利用が必須となります。
下記ファイル「ご利用にあたっての注意事項」を事前に必ずご一読ください。
ご利用にあたっての注意事項 [PDFファイル/253KB]
申込時に、上記注意事項に同意する旨のサインを頂戴しております。

未成年者が実験に参加する場合は事前に倫理審査の申請が必要です。
申込時に必ずご相談ください。(審査結果が出るまでに最短でも2週間要します)

※( )内は2019年10月1日からの料金
設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
機器利用 23.1. 日射環境試験装置 (1)主室[1件1時間につき] Q111

3,260円

(3,320円)

4,978円

(5,070円)

機器利用 23.1. 日射環境試験装置 (2)副室[1件1時間につき] Q121

2,046円

(2,080円)

2,982円

(3,030円)

機器利用 23.1. 日射環境試験装置 (3)日射装置[1件1時間につき] Q131

3,147円

(3,200円)

4,134円

(4,210円)

日射環境試験装置(室内外観)日射環境試験装置(人が滞在した状態での使用イメージ)

日射環境試験装置(日射点灯時の試験イメージ)

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ