ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 生体信号収録・解析システム

生体信号収録・解析システム

印刷用ページを表示する 更新日:2021年7月12日更新
設備利用
機器利用
分類
A:分析・評価:快適性評価
対象
 
仕様

アナログ入力ch数:32
入力電圧レンジ:± 2 mV から ± 10 V まで
ADC分解能:16bit
最大サンプリングレート:200 ks/s
出力ch数:2
デジタル出力ch数:8
デジタル入力ch数:8
生体信号解析用ソフトウェアパッケージ

用途
生体信号等をAD変換してPCに取り込み、汎用的な生体信号の解析が可能
製造者
ADInstruments社
型番
PowerLab
導入年度
2017
設置場所
墨田支所
グループ
墨田支所
試験規格対応
備考

※TIRI NEWS 2018年 3月号に掲載されました

設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
機器利用 17.6. 生体信号収録・解析システム [1時間につき] SH1611 470円 590円
機器利用 17.6. 生体信号収録・解析システム アナログ出力箱 [1時間につき] SH1621 470円 570円

生体信号収録・解析システムの端子部分

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ