ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > エネルギー分散型蛍光X線分析装置[材料技術G-1]

エネルギー分散型蛍光X線分析装置[材料技術G-1]

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月9日更新
設備利用
依頼試験機器利用
分類
A:分析・評価:機器分析
対象
 
仕様

X線照射領域径:1,3,7mmΦ
測定雰囲気: 大気、真空
最大試料寸法: 直径300×高さ150mm
検出可能元素: 測定範囲 11Na から 92U まで

用途
元素の定性・定量分析
異物分析
製造者
日本電子
型番
JSX-3100R 2
導入年度
2008
設置場所
本部
グループ
材料技術グループ
試験規格対応
  • IEC 62321
  • JIS K0119
備考

【 依頼試験をご利用いただく場合 】

  • 専門職員が分析し、結果をまとめた「成績証明書」もしくは「報告書」を発行することができます。

【 機器利用をご利用いただく場合】

  • お客様ご自身で機器を操作し、分析して頂くことができます。
  • 「成績証明書」・「報告書」の発行はございませんが、データをお持ち帰り頂くことができます。
  • 初回に講習を行いますので未経験者の方でもご利用頂けます。
  • 分析したいサンプルの材質・数量・大きさによってご利用時間が変わります、お問合せの際に担当者にお伝えください。
     

※TIRI NEWS 2016年 5月号に掲載されました

設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
依頼試験 6.1.1. エネルギー分散型蛍光エックス線分析装置によるもの 1.1. 定性分析 [1測定につき] T611111 5,160円 10,480円

エネルギー分散型蛍光X線分析装置1

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ