ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > サービスロボット用環境試験装置

サービスロボット用環境試験装置

印刷用ページを表示する 更新日:2021年8月9日更新
設備利用
機器利用
分類
K:強度・硬さ・振動・衝撃:振動
対象
機械
仕様

振動試験機仕様

  • 加振力 正弦波:54kN、ランダム波54kNrms
  • 最大加速度 垂直82.3m/s2、水平118m/s2、ランダム波675m/s2
  • 振動範囲 垂直5から100Hz、水平5から300Hz
  • テーブルサイズ 1500mm×1500mm
  • 最大搭載重量 250kg

恒温恒湿槽仕様

  • 温度範囲 -40から+120℃ 温度分布・変動±2℃
  • 湿度範囲 30から95%RH (+20から+80℃時)
  • 槽内寸法 W3750mm×D2000mm×H2500mm (一部H1737mm)
用途
振動試験機と恒温恒湿槽を組み合わせた装置です。ロボットなどの試験体に、温湿度等の気象環境と振動・衝撃等の物理的な環境のストレスを模擬して耐性を評価できます。
製造者
株式会社守谷商会
型番
(振動試験機:i260 環境試験室:AR24-412Y-DP2BO-S-VMの組合せ)
導入年度
設置場所
本部
グループ
組織変更に伴う更新作業中となります。
試験規格対応
  • JIS C60068-2-6 正弦波振動試験方法
  • JIS C60068-2-78 高温高湿試験
  • JIS C60068-2-1 低温試験
  • JIS C60068-2-2 高温試験
備考

活用例

●振動試験

自律移動ロボットの振動環境への耐久性評価試験を実施しています。振動に対してネジのゆるみ、部品のはずれ、故障などを確認しています。

●環境試験

自律移動ロボットの温湿度環境への耐久性評価を実施しています。高温、低温時のロボットの動作、搭載部品の動作を確認しています。

料金表については料金改定に伴う更新作業中となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
ご利用料金につきましては、機器利用一覧(料金表)依頼試験一覧(料金表)をご覧ください。

サービスロボット用環境試験装置

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ