ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 音響管(垂直入射吸音率・音響透過損失測定装置)

音響管(垂直入射吸音率・音響透過損失測定装置)

印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月20日更新
設備利用
依頼試験機器利用その他
分類
D:音響・照明・赤外線:音響
対象
 
仕様

周波数範囲:50Hzから6400Hz
試料寸法:低周波用直径100mm、高周波用直径29mm

用途
音響材料の性能測定
 ・垂直入射吸音率 (JIS A1405-2,ISO 10534-2,ASTM E 1050)
 ・垂直入射音響透過損失測定 (ASTM E 2611)
製造者
ブリュエル・ケアー
型番
音響管:4206T
PULSEアナライザ
 ハードウェア:LAN-XI
 ソフトウェア:PULSE Labshop Type7700,7758, MS1021
導入年度
2007
設置場所
本部
グループ
光音技術グループ
試験規格対応
  • JIS A1405-2
  • ISO 10534-2
  • ASTM E1050
  • ASTM E2611
備考

試験内容により対応可能な試験規格は異なります
測定データは光学式記録メディア(CD/DVD 51円)でのお渡しになります(USBメモリーなどの使用はできません)
ご利用の際は、事前に担当者との打ち合わせが必要です

ご案内: 垂直入射吸音率測定(依頼試験) [PDFファイル/223KB]
      垂直入射音響透過損失測定(依頼試験) [PDFファイル/229KB]

関連設備:残響室法吸音率測定装置音響シミュレーション(材料)

 

※TIRI NEWS 2016年 7月号に掲載されました

設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
依頼試験 6.1.4. 垂直入射吸音率測定    [1周波数につき] 61411 1,050円 2,100円
機器利用 9.36. 音響管(ライセンス制度対象機器)  [1時間につき] 9YB 1,240円 2,430円

音響管

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ