ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > メタルハライドランプ式促進耐候性試験機

メタルハライドランプ式促進耐候性試験機

印刷用ページを表示する 更新日:2017年2月10日更新
設備利用
依頼試験
分類
L:耐候・耐光・耐食:耐候性・耐光性
対象
 
仕様

放射照度:1.4 kW/m2 から 2.0 kW/m2(295 nm から 450 nm)
ブラックパネル温度:30℃から85℃
槽内温度:5℃から95℃
湿度:30%から70%(照射時)、50%から95%(暗黒時)
試験項目:照射、照射+降雨、暗黒、暗黒+結露
試料台:440×180 mm(中央部50×100 mmを除く)

用途
高分子材料や塗膜などの耐候性評価
製造者
スガ試験機株式会社
型番
M6T
導入年度
2011年
設置場所
本部
グループ
表面・化学技術グループ
試験規格対応
備考

光、熱、水などの屋外での劣化因子を人工的に再現し、短期間で製品の長期耐久性を評価します。メタルハライドランプは太陽光の約15倍から30倍の強大な紫外線量を照射します。そのため、他の促進耐候性試験に比べて促進性に優れ、早期に劣化現象を評価できます。

設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
依頼試験 8.3.1. 促進耐候試験 (3) メタルハライドランプ式ウェザーメータによるもの [1時間につき] 83131 2,230円 3,860円

メタルハライドランプ式促進耐候性試験機

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ