ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 小型製品落下衝撃試験機

小型製品落下衝撃試験機

印刷用ページを表示する 更新日:2021年8月9日更新
設備利用
機器利用
分類
K:強度・硬さ・振動・衝撃:強度・衝撃
対象
 
仕様

落下高さ: 500 mm から 2100 mm まで(補正高さを含む)
供試品最大寸法: W 400 mm × D 360 mm
供試品最大質量: 5 kg
ベース: W 800 mm × D 900 mm × H 19 mmの鉄鋼
落下姿勢: 直方体形状の供試品について面または稜を下に向けた姿勢(高さ 500 mm まで姿勢保持)

用途
小型製品の落下衝撃試験
製造者
神栄テクノロジー株式会社
型番
DT-205H
導入年度
2007
設置場所
本部
グループ
ロボット技術グループ
試験規格対応
備考

本試験機は使用中または運搬中に小型製品が落下した際の挙動、その結果生じる損傷を調べるための装置です。供試品は、ともに落下するベース部のエアシリンダーにより衝突直前まで保持され、分離後に、保持時の姿勢に近い姿勢で床面に衝突します(ベース部は所定の高さから電磁石により切り離され、ガイドシャフトに沿って落下します)。本試験機は、携帯電話などの小型家電製品や日用品などの試験に多く用いられています。本試験機は様々な落下条件を再現することができるため、製品の強度・信頼性の評価・開発にも利用できます。また高速度カメラ(機種:12)と組み合わせて落下時の挙動を詳細に観察することもできます。

設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
機器利用 1.7. 落下試験機 [1時間につき] S11711 1,160円 2,320円
機器利用 1.8. 落下衝撃加速度測定装置 [1時間につき] S11811 810円 1,630円

小型製品落下衝撃試験機

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ