ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > パターン投影式三次元デジタイザ

パターン投影式三次元デジタイザ

印刷用ページを表示する 更新日:2021年8月9日更新
設備利用
機器利用その他
分類
G:形状計測・カメラ:寸法・形状計測
対象
 
仕様

画素数:16M
出力ファイル形式:STLなど
測定範囲 :

  • 70×50×20mm (X/Y平均解像度 0.015mm)
  • 90×60×54mm (X/Y平均解像度 0.019mm)
  • 160×110×100mm (X/Y平均解像度 0.033mm)
  • 285×190×176mm (X/Y平均解像度 0.058mm)
  • 460×310×280mm (X/Y平均解像度 0.094mm)
  • 710×500×430mm (X/Y平均解像度 0.146mm)
  • 940×700×550mm (X/Y平均解像度 0.193mm)
用途
モデル形状のスキャンニング及び製品形状検査
製造者
東京貿易テクノシステム
型番
FLARE Pro 16M
導入年度
2020
設置場所
本部
グループ
組織変更に伴う更新作業中となります。
試験規格対応
備考
料金表については料金改定に伴う更新作業中となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
ご利用料金につきましては、機器利用一覧(料金表)依頼試験一覧(料金表)をご覧ください。

パターン投影式三次元デジタイザ写真① パターン投影式三次元デジタイザ写真②

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ