ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 装着型視線計測装置

装着型視線計測装置

印刷用ページを表示する 更新日:2019年5月9日更新
設備利用
機器利用
分類
A:分析・評価:快適性評価
対象
機械
金属
ガラス・セラミック
プラスチック
繊維
デザイン
健康福祉
仕様

受信方式:ワイヤレス
サンプリングレート:50Hz
キャリブレーション:1点
シーンカメラ解像度:1920×1080 pixels @ 25fps
シーンカメラ視野角:82°(水平) 52°(垂直)
瞳孔検出方式:暗瞳孔

用途
眼鏡型のハードウェアを装着し、視線の動きや停留回数、時間などが計測できる装置。
製造者
トビー・テクノロジー株式会社
型番
Tobii Pro Glasses 2
導入年度
2018
設置場所
本部
グループ
デザイン技術グループ
試験規格対応
備考

計測後は専用ソフトウェアによる高度な解析が行えます。

解析ソフトウェア:Tobii Pro ラボアナライザーエディション
主な機能:

  • ビジュアライゼーションツール
  • AOI(興味領域)
  • オート/マニュアル マッピングツール
  • イベントログ
  • 停留フィルター/速度チャート

※機器とソフトウェアの使用方法については職員が指導しますが、
  インターフェースは英語表記です。
  詳細はお電話にてお問い合わせください。

※TIRI NEWS 2019年4月号に掲載されました。

設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
機器利用 23.11. 視線計測装置  [1時間につき] QB11 850円 1,520円
機器利用 26.1. 機器利用指導 (1)機器利用指導 [30分につき] M11 1,130円 2,260円

装着型視線計測装置

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ