ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 青色光網膜傷害リスクグループ評価システム

青色光網膜傷害リスクグループ評価システム

印刷用ページを表示する 更新日:2019年10月1日更新
設備利用
依頼試験その他
分類
D:音響・照明・赤外線:照明
対象
 
仕様

青色光網膜障害のリスクグループ評価のための、配光装置・ハイパースペクトルカメラ・暗室、および計測ソフトウエアにより構成されるシステムです。

本システムを用いて、依頼試験「青色光網膜障害のリスクグループ評価」を実施しています。

  • JIS C 8105-1:2017 附属書JCに準拠して、試験品の光出力による青色光網膜傷害のリスクグループを判定します。
  • 判定に用いた輝度最大値、相関色温度も報告します。
  • 試験品の形式:一般照明用ランプ又は照明器具(照度500lxを与える距離で輝度を測定)、それ以外(0.2mの距離で測定)
用途
青色光網膜障害のリスクグループ評価
製造者
配光装置:PIMACS
ハイパースペクトルカメラ:エバジャパン
型番
配光装置:Night8800
ハイパースペクトルカメラ:NH-8システム
導入年度
2019
設置場所
本部
グループ
光音技術グループ
試験規格対応
  • JIS C 8105-1:2017 附属書JC
備考

本試験に関するご相談や、試験品の準備方法・お申込み方法の詳細は下記ページをご参照ください。

光音技術グループ照明担当依頼試験受付ページ

 

設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
依頼試験 21.1.1. 機器および光源の試験 12.1. 青色光網膜傷害のリスクグループ評価試験 [1測定につき] TM11B11 24,960円 42,490円
本システムを用いた測定例
試験品試験品例
輝度分布輝度分布画像
試験結果例

 

リスクグループ RG1

輝度 740,000 cd/m2

相関色温度 3000 K

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ