ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 組織標本作製システム

組織標本作製システム

印刷用ページを表示する 更新日:2021年8月6日更新
設備利用
機器利用その他
分類
A:分析・評価:バイオ
対象
 
仕様

切片厚設定範囲:0.5から100 µm

トリミング厚設定範囲:1から500 µm

使用可能ナイフホルダー:ステンレスナイフホルダー、ボート付きステンレスナイフホルダー、タングステンナイフホルダー、ガラスナイフホルダー

用途
切片作製、断面出し
製造者
ライカマイクロシステムズ株式会社
型番
Leica RM2245
導入年度
2011
設置場所
本部
グループ
組織変更に伴う更新作業中となります。
試験規格対応
備考

パラフィンで包埋した生体組織から切片を作製するミクロトームです。
ウォーターボートを備えているために切片を円滑にスライドガラスに移動できます。

  • 受託の場合、OM依頼試験またはOM開発支援にてお受け致します。
  • 受託試験料金に関してはお問い合わせください。
料金表については料金改定に伴う更新作業中となります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
ご利用料金につきましては、機器利用一覧(料金表)依頼試験一覧(料金表)をご覧ください。

組織標本作製システム

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ