ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 動的粘弾性測定装置[プロセス技術G-1]

動的粘弾性測定装置[プロセス技術G-1]

印刷用ページを表示する 更新日:2020年11月9日更新
設備利用
依頼試験
分類
A:分析・評価:物性測定
対象
化学
仕様

応力制御もしくはひずみ制御
振動モードによる動的粘弾性測定もしくは回転モードによる粘度測定
センサー形態:平板(直径20, 35, 60mm)、コーン1°(直径20, 35, 60mm)、ダブルコーン(直径60mm)
温度範囲:-20℃から300℃まで(センサーにより一部制限あり)
紫外線硬化測定(石英ガラス上での粘弾性)

用途
ゲルの粘弾性
硬化・軟化工程の追跡
液体や溶融樹脂の粘度測定
エマルションや懸濁液の分散・凝集過程の追跡
固体樹脂のTgTm測定
製造者
サーモフィッシャーサイエンティフィック
型番
HAAKE MARS III
導入年度
2009
設置場所
本部
グループ
プロセス技術グループ
試験規格対応
備考
設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
依頼試験 4.1.4. 各種材料等の特性試験 6.1. レオロジー測定による [1時間につき] T414611 10,350円 18,560円
依頼試験 4.1.4. 各種材料等の特性試験 6.1. レオロジー測定による (同一試験の追加) [15分につき] T414612 1,230円 2,080円

動的粘弾性測定装置

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ