ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 三次元表面形状測定機[3DものづくりS]

三次元表面形状測定機[3DものづくりS]

印刷用ページを表示する 更新日:2016年12月19日更新
設備利用
依頼試験
分類
G:形状計測・カメラ:寸法・形状計測
対象
 
仕様

走査型白色干渉法

準拠規格:ISO 25178

測定傾斜角度:

  • 55°(鏡面)
  • 86°(散乱面)

試料サイズ:W300×D300×H89 mm

用途
加工品等の段差、傾き、表面粗さなどの表面形状を走査型白色干渉法から非接触・高精度で評価する
製造者
Zygo Corporation
型番
Nexview
導入年度
2015
設置場所
本部
グループ
3Dものづくりセクター
試験規格対応
備考

三次元表面形状測定機

本装置は公益財団法人JKA補助事業のRING!RING!プロジェクト(外部リンク)による補助を受けて設置しています。

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ