ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > TIRI NEWS > TIRI NEWS カテゴリー別一覧:クロスミーティング(研究成果発表会)特集

TIRI NEWS カテゴリー別一覧:クロスミーティング(研究成果発表会)特集

印刷用ページを表示する 更新日:2020年1月9日更新

このページでは、クロスミーティング・研究成果発表会の発表からピックアップした研究成果や基調講演等についての特集がご覧いただけます。

都産技研では、2015年(平成27年)まで「研究成果発表会」として年に一度口頭発表を行ってきましたが、2016年(平成28年)以降、名称を「クロスミーティング」と変更いたしました。クロスミーティング(研究成果発表会)の要旨や開催概要などは「研究成果発表」からご覧いただけます。

おことわり
記事にあります担当部署や担当者などは掲載当時のものです。最新情報は担当部署あるいは総合支援窓口(TEL. 03-5530-2140)までお問い合わせください。

◆2019年へ ◆2018年へ ◆2017年へ ◆2014年へ ◆2012年へ

 

2019年度TIRI NEWS クロスミーティング一覧

2019年度TIRI NEWS クロスミーティング
TIRI NEWS 号数タイトル関連部署
2019年6月任意周波数の電波吸収特性を持つ平面電波吸収体を開発電子・機械グループ(多摩)
2019年6月ニトロ多環芳香族化合物の簡便かつ迅速な分析法を開発城南支所
2019年6月TIRIクロスミーティング2019開催 プログラム紹介 

ページトップへ

2018年(平成30年)度TIRI NEWS クロスミーティング一覧

2018年(平成30年)度TIRI NEWS クロスミーティング
TIRI NEWS 号数タイトル関連部署
2018年7月「余裕」があるワイヤレス給電で製品に付加価値を電子・機械グループ(多摩)
2018年7月木材と海藻から生まれた「100%天然由来」の複合材料デザイン技術グループ

ページトップへ

2017年(平成29年)度TIRI NEWS クロスミーティング一覧

2017年(平成29年)度TIRI NEWS クロスミーティング
TIRI NEWS 号数タイトル
2017年5月重点研究分野(1) 生活技術・ヘルスケア
2017年5月重点研究分野(2) 環境・エネルギー(2件紹介)
2017年5月重点研究分野(3) 安心・安全(2件紹介)
2017年5月重点研究分野(4) 機能性材料(2件&基調講演紹介)
2017年5月ロボット(2件&特別プログラム2件紹介)

ページトップへ

2014年(平成26年)度TIRI NEWS 研究成果発表会一覧

2014年(平成26年)度TIRI NEWS 研究成果発表会
TIRI NEWS 号数タイトル関連部署
2014年8月開催報告:事業発展への可能性 ―技術シーズの発表の場― 
2014年8月開催報告:基調講演・特別セッション・パネル展示など 
2014年7月サポート製品の締め付け強さと着心地評価生活技術開発セクター
2014年7月赤外域における放射照度分布測定の検討光音技術グループ
2014年7月ロボット制御に用いるための生体電位センサの開発ロボット開発セクター
情報技術グループ
電子半導体技術グループ
2014年7月天然抗菌成分を利用した環境調和型木材用防カビ剤の開発環境技術グループ
経営企画室

ページトップへ

2012年(平成24年)度TIRI NEWS 研究成果発表会一覧

2012年(平成24年)度TIRI NEWS 研究成果発表会
TIRI NEWS 号数タイトル関連部署
2012年8月環境・省エネルギー
微生物を利用した排水中のレアメタル吸着
材料技術グループ
2012年8月ナノテクノロジー
DLC膜の水素含有量の定量評価手法の確立
高度分析開発セクター
2012年8月情報技術
FPGA/SoC向け速度推定IPの開発
情報技術グループ
2012年8月メカトロニクス
脚車輪型ベースロボットのシミュレーション
システムデザインセクター
2012年8月品質強化
グロー放電発光分析法によるアルミニウム陽極酸化皮膜の厚さ測定
事業化支援本部
2012年8月ものづくり
市販高強度マグネシウム合金の異材摩擦撹拌接合性と接合界面微細構造
機械技術グループ
2012年8月バイオ
液体シンチレーションカウンタによるガソリン中のバイオエタノール濃度の計測に及ぼす着色料の影響
バイオ応用技術グループ
2012年8月システムデザイン
X線CT画像計測技術による上流技術支援システムの構築
バイオ応用技術グループ
2012年8月EMC・半導体
伝導性エミッション(ノイズ)の対策部品選定手順
電子・機械グループ(多摩)
2012年8月エレクトロニクス
1GHzまでの誘電特性測定における精度向上のための手法検討
電子半導体技術グループ

ページトップへ


ページの先頭へ