ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

同時開催イベント

印刷用ページを表示する 更新日:2019年5月16日更新

TIRIクロスミーティング2019の同時開催イベントです。ご参加をお待ちしております。詳細は下記をクリックしてください。

7月4日 TKFオープンフォーラム  |  7月5日 警視庁サイバーセキュリティセミナー

TKFオープンフォーラム

基調講演のみ要事前予約

7月4日 会場:中2階 東京イノベーションハブ

首都圏公設試研究機関は連携体(TKF)を組み、中小企業を支援しています。今年のTKFオープンフォーラムは「次世代自動車産業の技術支援」をテーマに、東京にて最新の動向と各公設試の技術支援を一挙にご紹介します。

(地独)東京都立産業技術研究センター
埼玉県産業技術総合センター(外部リンク)千葉県産業支援技術研究所(外部リンク)(地独)神奈川県立産業技術総合研究所(外部リンク)横浜市工業技術支援センター(外部リンク)

TKFオープンフォーラム プログラム
時間内容講演者
12時00分から13時00分パネル展示 
13時00分から13時05分開会あいさつ 
13時05分から14時05分

基調講演1「あなたが、次世代自動車到来時代に生き残るための方法」

「100年に一度の自動車産業大変革」。そんな言葉が最近、経済メディアを中心に目立つようになりました。背景には、EV (電気自動車)、自動運転、通信によるコネクテッドカー、そしてシェアリングエコノミーなど、新たなる技術とサービスとの多角的な融合があります。こうした各種の情報がいま、世の中で溢れかえっている状態です。そんな時代変化を世界各地の現場で定常的に見ている私が、日本の中小企業の皆さんに、時代変化の実態と裏話をお伝えします。
新しい時代を生き抜くためのヒントをあなた自身で見つけて頂ければ幸いです。

[講師略歴]
自動車やITなど世界各地で取材するジャーナリスト。日本では高齢ドライバー問題についても全国各地で取材活動を行う。ダイヤモンドオンライン、東洋経済オンラインなど経済メディアの他、テレビニュース番組、自動車レース番組等でコメンテーターや解説者を務める。近著に「100歳まで運転する」「カーディーラーでクルマを買わなくなる日」(洋泉社)。

ももたけんじ氏写真

ジャーナリスト
桃田 健史 氏
(ももたけんじ)

14時05分から15時05分

基調講演2「次世代自動車における軽量化技術について」

昨今、各国でのCO2規制強化や電動車両化の動きが盛んになっています。CO2削減の方策として、材料を適材適所に使用したマルチマテリアル化による軽量化があります。また電動車両はバッテリの重量によりガソリン車より重くなっています。今回、軽量化の背景、マルチマテリアル化の考え方、部位部品に求められる性能と指標、接合方法(異種材料接合)、影響を受ける音振に関して解説します。

[講師略歴]
1982年日産自動車入社
1996年主任研究員
2000年先行車両開発主坦
2006年車体技術開発部主坦
2010年シニアエンジニア

ちばこうじ氏写真

日産自動車株式会社
車体技術開発部
千葉 晃司 氏
(ちば こうじ)

15時05分から15時15分休憩 
15時15分から15時25分支援紹介「5軸制御マシニングセンタによる加工性評価試験・部品試作の紹介
KISTECの5軸制御マシニングセンタの特徴と自動車分野に適用可能な加工性評価試験や部品試作について紹介します。
神奈川県立産業技術総合研究所 情報・生産技術部
横田 知宏
15時25分から15時35分支援紹介「自動車産業におけるエリプソメータの適用
薄膜などの解析をエリプソメータにより行います。
横浜市工業技術支援センター
志田 あづさ
15時35分から15時45分支援紹介「白色干渉計における測定事例紹介
測定機器類と自動車部品などを白色干渉計で測定した事例をもとに、どのような場面で活用していただけるかを紹介します。
都産技研 3Dものづくりセクター
中村 弘史
15時45分から15時55分支援紹介「振動試験機を用いた自動車部品の信頼性評価
JIS D 1601(自動車部品振動試験方法)に基づいた試験環境を提供しています。
千葉県産業支援技術研究所
近間 真澄
15時55分から16時05分支援紹介「公設試に初導入!リバブレーションチャンバーの自動車分野への適用
チャンバー内に均一な強電界フィールドを作りだし、屋内外で発生する実環境に近い多様な電磁環境を模擬した試験が可能です。設備の特徴、自動車分野への適用について紹介します。
埼玉県産業技術総合センター
能戸 崇行
16時05分から16時20分研究紹介「CFRPとアルミニウムの接合強化に向けたコーティング剤の開発
熱硬化性CFRPにエポキシ樹脂系および無機物のフィラー入りエポキシ樹脂系コーティング剤を塗布し、従来の接着剤を用いてアルミニウムと貼り合わせることで、コーティング剤なしと比べ初期および長期耐久試験後の接着強度が向上する複合材料を開発しました。
都産技研 城東支所
小野澤 明良
16時20分から16時35分研究紹介「アニオン交換膜形燃料電池に関する研究
自動車駆動用途では燃料電池の高出力化が望まれます。アニオン交換膜形燃料電池は高出力化が期待できるため実用化が望まれています。また、電池内部がアルカリ環境であるため、鉄、コバルトなどの非白金触媒の利用が期待できます。当センターでは燃料電池におけるアニオン交換膜と非白金触媒の技術開発を進めています。本発表では、キトサンとポリビニルアルコールを混合したアニオン交換膜と、鉄フタロシアニン担持カーボン触媒の開発状況に関して報告します。
埼玉県産業技術総合センター
稲本 将史
16時35分から17時00分パネル展示 

TKFオープンフォーラム参加方法

基調講演のみ事前予約が必要です。そのほかの発表については、当日直接会場にお越しください。

事前予約はこちらから

TKFオープンフォーラムに関するお問い合わせ先

東京都立産業技術研究センター 経営企画部 交流連携室 産業交流係
TEL 03-5530-2134 (TKFオープンフォーラムの件で、とお伝えください)

↑ページ上部に戻る

警視庁サイバーセキュリティセミナー

7月5日 会場:中2階 東京イノベーションハブ

東京2020オリンピック・パラリンピックを目前とした首都東京に対し、攻撃者達は企業の規模を問わず、あらゆる企業のコンピューターネットワークを24時間365日絶え間なく狙っています。

警視庁では、サイバーセキュリティ対策本部を設置し、中小企業へのサイバー攻撃対策の啓蒙活動を行っています。今回、2018年度のINNOVESTA!ビジネスデーに続き、TIRIクロスミーティングに警視庁が初参加します。サイバー空間の脅威をぜひ感じてみてください。

警視庁サイバーセキュリティセミナープログラム
時間内容

10時30分から12時00分

14時30分から16時00分

※2回とも同様の
内容にて開催します。

「サイバー犯罪の脅威と現状」

サイバー犯罪の現状と手口、その対策方法等をわかりやすい言葉で説明するとともに、中小企業を狙ったサイバー犯罪の上位にランキングされる「標的型メール攻撃」を、パソコンを使用して目の前でデモンストレーションを行います。さらに、皆さまが使用しているスマートフォンで参加していただく体験型セミナーを実施します。

  • Wi-Fiの不正AP(アクセスポイント)へ接続させてからの情報漏えい
  • Wi-Fiルータのパスワードを窃取(パスワードクラック)し、通信内容を傍受する情報漏えい

10時00分から17時00分

常設展示(会場後方)
出入り自由です。

ミニサイバーEXPO」と題し、警視庁サイバー部門のリーフレットを展示、配布し、全作品のDVDを放映します。

都産技研本部が所在する江東区サイバーセキュリティ協定に基づく協定締結者※の広報資料の展示、配布も行います。
※江東区、東京商工会議所江東支部、江東区3署(深川署、城東署、東京湾岸署)

「何から手をつけていいのかわからない、難しくてわからない」など、中小企業事業者が抱える悩みの解決のきっかけとなる、警視庁協力団体による「無料相談ブース」を設置します。

警視庁サイバーセキュリティセミナー参加方法

事前予約は不要です。当日直接会場にお越しください。

 


ページの先頭へ