ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 技術相談 > 総合支援窓口 専門相談員紹介

総合支援窓口 専門相談員紹介

印刷用ページを表示する 更新日:2018年8月21日更新

相談のお申し込み先へ(外部リンク)

朝比奈 奎一  専門相談員(分野:機械技術) 

担当分野キーワード

機械技術一般、機械加工(切削加工)、機械製品の開発・設計、製品評価、製造設備のシステム化、CADベースの情報化

基本担当日

隔週 月曜日  ※月毎予定日は、専門相談員スケジュール表より確認できます。

略歴

東京都立工業技術センター(現都産技研)機械加工部切削加工研究室において、機械加工、レーザ加工、産業用ロボット、CADに関する企業指導と研究に従事。東京都立産業技術高専にて生産システム工学科設立に関与、3次元CADを中核としたモノづくり教育体制の整備、振動切削、加工精度予測CAD/CAMシステムの開発、3次元プリンタ、現実融合型システムなどを提案。その後各高専、大学の講師を担当する傍ら技術士事務所を設立し、中小企業の技術指導を行っている。

資格や、代表的な研究や著書、受賞歴など

技術士(機械部門)、博士(工学)

平成17年日本機械学会教育賞受賞
平成20年日本設計工学会功労賞受賞
平成20年産業教育功労賞表彰等

<主な著書>
機械設計法(コロナ社)、機械材料と加工技術(技術評論社)、3次元CAD実践活用法(コロナ社)、CAD/CAM基礎のきそ(日刊工業新聞社)、生産システム工学入門(日本理工出版会)、はじめての機械加工(科学図書出版)、機械設計者のための4大力学入門(日本理工出版会)ほか

相談企業へのメッセージ

加工という川下側から見た設計の最適化を研究する中で、開発設計、試作評価、製造技術さらには生産のシステム化まで幅広い分野に関わっています。産学連携事業に関しても、知見があります。機械関連技術に関することであれば、対応可能ですので何なりとご相談ください。専門以外にも問題解決のアプローチ等のヒントをアドバイスできると思います。

 

安城 泰雄  専門相談員(分野:生産管理、環境マネジメント)

担当分野キーワード

生産管理、マテリアルフローコスト会計(MFCA)による資源生産性向上(コストダウン、環境負荷低減)、生産現場のムダ取りによる生産性向上(品質、コスト、納期)、改善活動展開による職場風土革新、環境マネジメント

基本担当日

隔週 火曜日   ※月毎予定日は、専門相談員スケジュール表より確認できます。

略歴

大手電気メーカーにて生産管理業務を担当。関連業界の管理協会へ出向時にISO/TC207(環境マネジメント)国内委員会や環境会計委員会の事務局など担当。電気メーカー環境本部へ帰任後、MFCAの全社展開責任者を担う。その後、MFCA研究所を設立し、中小企業庁専門化派遣事業 専門家。山形県企業振興公社専門家派遣事業 専門家として活動中。その他、経済産業省、地方自治体のMFCA普及事業の委員長及び委員「ISO/TC207/WG8(MFCA)対応国内委員会」及び「ISO原案検討委員会」、「MFCA国際標準化作業委員会」委員等。

資格や、代表的な研究や著書、受賞歴など

産業環境管理協会『2009年度「環境管理」優秀論文賞』、環境効率アワード「マテリアルフローコスト会計特別賞」受賞等

<主な著書>
『図説MFCA(マテリアルフローコスト会計)―マテリアル・エネルギーのロスを見える化するISO14051』(株式会社JIPMソリューション(2011)共著)ほか

相談企業へのメッセージ

昨今、日本における生産性向上が喫緊の課題となっています。また、社会の環境意識の高まりにより、企業活動において環境への取り組みが非常に重要になってきております。MFCAによる資源生産性向上による環境負荷とコストダウンの同時実現は企業の経営に大きな成果をもたらします。
製造業においては、現場で最も多くの人、設備、そして原材料や消耗品、エネルギー、水などのマテリアルを使用いたします。そして多くのムダも発生させております。特に重要なことは、これらのムダは現場でしか発生しませんが、責任の殆どは現場にないということです。設計部門や生産技術部門、品質部門、生産管理部門、設備部門、環境部門、場合によっては営業部門(及び顧客)、購買部門(及びベンダー)であったりします。したがって改善するにはこれら現場を取り巻くすべての部門の協力が必要となります。それゆえ企業のトップの関与が非常に重要です。
このような活動は、「環境負荷の低減」と「コストダウン」に留まらず、「企業風土の革新」も実現することになります。そのような視点でご支援したいと考えております。

 

金田 光範  専門相談員(分野:通信、情報、機能安全)

担当分野キーワード

情報、通信、機能安全、ソフトウェアの安全設計、プロジェクトマネジメント

基本担当日

隔週 月曜日   ※月毎予定日は、専門相談員スケジュール表より確認できます。

略歴

大手電機メーカーにて、原子力発電所の監視制御用コンピュータの開発に従事。JASA(組込みシステム技術協会)安全性向上委員会副委員長、IPA(情報処理推進機構)IoTシステム安全性向上技術WG委員、JIS C 0508 (機能安全)原案作成委員会委員等を務め、プロジェクトマネジメント関係で大学非常勤講師も務めている。

資格や、代表的な研究や著書、受賞歴など

<主な著書>
組込み系技術者のための安全設計入門(JASA発刊(電波新聞))

相談企業へのメッセージ

IoT時代のビジネス、製品開発や新事業立ち上げについては、リスクがつきものです。リスクを恐れていては前に進めませんが、リスク無視はあまりにも無謀です。リスクを低減しつつ効果的な開発・連携を進めるためにお役に立ちたいと思います。

 

高村 悦夫  専門相談員(分野:自動車)

担当分野キーワード

自動車、自動車部品、産業機械等の技術及び開発、高齢化対策・離島対策用衝突防止機能付自動運転支援装置付EV開発

基本担当日

隔週 木曜日   ※月毎予定日は、専門相談員スケジュール表より確認できます。

略歴

大手自動車部品・産業精密機器部品メーカーにおいて、自動車・自動車部品業界や産業機械業界・医療機器業界・半導体製造装置業界向けに、市場調査・製品開発・商品化・事業化を担当。その後、高齢化や地方の過疎化のモビリティ対策として、ADAS等のICTを活用したULV(超小型EV)開発に協力。私立大学のモビリティ研究会の日中自動車技術交流会理事も務めている。

相談企業へのメッセージ

何事も持ち前の現場主義を重視し、その経験から必ず相談者の方と直接面談し、ご希望・問題点・課題などの事情等を理解した上で、上記職務経験から総合的な視点より適切なご提案をさせて頂きます。

 

田中 敬三  専門相談員(分野:半導体プロセス、計測分析システム)

担当分野キーワード

半導体プロセス技術、分析技術(電子顕微鏡、AES等表面物性解析)、通信、ネットワーク技術、情報システム(特に製造、サービス分野)、計測や分析に関わる技術(計測分析システム

基本担当日

隔週 水曜日   ※月毎予定日は、専門相談員スケジュール表より確認できます。

略歴

大手電機メーカーにおいてCDL(半導体表面物性)の研究、半導体、全社情報システムの開発に従事、その間米国オレゴン州立大学大学院において人工知能の研究に従事、大手電機メーカー関連企業においてサービス情報システムの開発を担当。その後、コンサルティング事務所を起業、東京都の産学公連携コーディネーター等。

資格や、代表的な研究や著書、受賞歴など

オージェ電子分光による薄膜の3次元構造解析実用化の研究(1976-1979)、九州東海大分析センタの学生、装置のインターネット及び衛星通信によるリモートサポートに関する研究((1996-1998、九州東海大と共同研究)
日経コンピューター(2000年12月4日号(pp.160-165))

相談企業へのメッセージ

工場での温度、湿度の測定や各種センサー等からのデータを収集し、更にデータを分析し、必要なタイミングで提供するのが計測分析システムです。各々の現場では、必要最小限に絞り込むことも大事ですし、ビッグデータとまでは言わずとも、新しい情報を引き出すことも可能です。個々のビジネス戦略に合わせたシステムの相談にいらして下さい。また、既に纏められたビジネス戦略のレビューに来られる方も散見され、当方としては大歓迎です。

 

野口 英明  専門相談員(分野:工業デザイン)

担当分野キーワード

工業デザイン、用途開発、メカニズム開発、地域振興プランニング、デザインコンサルタント

基本担当日

隔週 火曜日   ※月毎予定日は、専門相談員スケジュール表より確認できます。

略歴

医療機器メーカー勤務後フリーランスを経て株式会社インターフェイス設立。
メカニズムと形態を同時にイメージする手法での製品デザインや医療・福祉分野との交流を活かしユニバーサルデザインの製品開発、自然素材で地場産業への定着を目指したモノづくりを得意とする。

資格や、代表的な研究や著書、受賞歴など

毎日ID賞、朝日現代クラフト入選、グッドデザインぐんま 奨励賞、GOOD DESIGN AWARD(G-Mark)、KIDS DESIGN AWARD (キッズデザイン賞) 受賞等

相談企業へのメッセージ

製品は形としてのメッセージ、企業の姿勢を示します。新製品開発はモノつくりの枠組みを考えると同時に、企業のスキルをモノの形やシステムに置き換え発信してゆく作業でもあります。これまで、企業経営に携わる方々と、様々なモノの立ち上げを経験させて頂きました、混沌としたイメージの中から確実な一つを選びモノにしてゆく作業そのものが、私のデザインエレメントです。 

 

原島 なほみ  専門相談員(分野:マーケティング)

担当分野キーワード

マーケティングコンサルタント、新商品開発、リローンチ、コンセプト作成、調査/販売促進、市場戦略、事業戦略

基本担当日

隔週 火曜日   ※月毎予定日は、専門相談員スケジュール表より確認できます。

略歴

媒体社の編集部、広告代理店で勤務後、事業会社でマーケティング、クリエィティブを担当。マーケティングコンサルタントとして活動。

資格や、代表的な研究や著書、受賞歴など

MBA(経営管理学修士)、行政書士、ウェブ診断士

<主な著書>
『経営学のことが面白ほどわかる本』(KADOKAWA/中経出版、(共著))

相談企業へのメッセージ

どんなに優れた製品/サービスでも、ターゲットが適切ではない、あるいは、その価値をきちんと表現できていなければ、お客さまは買ってくれません。「欲しいひとに、欲しいものを」。新製品/新サービスや既存製品/サービスのリニューアルに関わる、企画段階のコンセプト作りから上市の販促計画まで、マーケティング全般をサポートします。

 

大沼 敦 専門相談員(分野:プロダクトデザイン)

担当分野キーワード

プロダクトデザイン、デザインコンサルタント  

基本担当日

隔週 月曜日   ※月毎予定日は、専門相談員スケジュール表より確認できます。

略歴

大手電機メーカーデザイン部を経てプロダクトデザイナー喜多俊之氏に師事、大沼 敦デザイン事務所設立。
経済産業省「クールジャパンの芽発掘事業」アドバイザリーボード、近畿経済局「和風空間ワーキンググループ」グループアドバイザー等を務めるほか、「Meet my project PARIS dans les salons Christofle」(フランス)へ出展等。現在、大学ライフデザイン学部や、藝術学部において非常勤講師も務めている。

資格や、代表的な研究や著書、受賞歴など

グッドデザイン賞(日本)、iF賞(ドイツ)、Red dot賞(ドイツ)受賞等

相談企業へのメッセージ

プロダクトデザイナーとしてランドセル、バッグ、建築金物、家電、プロ用機器、学習教材、伝統工芸品、電気自動車、ロボットなど様々モノづくりに関わっているほか、企業の取締役、外部取締役として経営にも参画しています。メーカーや地方自治体の顧問デザイナーとしてデザイン及びブランディングに関わった経験から、材料による工法の違い、金型を作成する大量生産や、伝統工芸品などの少量生産など、いろいろなご相談についてこれまでの経験をもとに、お伝えさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 畑 義和 専門相談員(分野:有機材料)

担当分野キーワード

有機材料、プラスチック成形加工技術、機器分析・評価技術、品質管理技術、コストエンジニアリング、生産性改善技術 

基本担当日

隔週 水曜日   ※月毎予定日は、専門相談員スケジュール表より確認できます。

略歴

大手電機メーカーにおいて電気電子機器を対象とした、プラスチック材料および成形プロセスの研究開発、製品量産化や、国内外の生産現場の改善および指導に従事。ものづくりにおける、生産性向上、品質向上、コストエンジニアリングの教育講座開発も務める。

資格や、代表的な研究や著書、受賞歴など

技術士(化学部門)

<主な著書>
「調達品の品質向上」東芝レビュー Vol66 No.3 (2011)

相談企業へのメッセージ

電気電子機器を対象とした、プラスチック製品の開発、成形加工プロセス・材料の研究・開発に関し、ものづくりの上流から下流まで一貫して関わってきました。その成果を海外製造現場にも展開しました。品質・コスト・納期(QCD)の観点での教育講座を開発した経験もあります。一連のものづくりの基本的な技術課題から、生産性向上、品質向上、コスト削減に関して、ビジネス戦略に合せたアドバイスまで対応いたします。また、産学連携に関しても、知見があります。ものづくりに関することであれば、まずはご相談ください。

 

生島 博  専門相談員(分野:知的財産)

※相談対応日等は、MTEPのページをご確認ください。

相談申込先

本部 技術経営支援室 相談支援係

TEL.03-5530-2140(午前9時から午後5時まで)

ホームページからのご予約は「専門相談員 相談予約フォーム」(外部リンク)をご利用ください。

 


ページの先頭へ