ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生活技術開発セクター > 墨田支所「施設公開ビジネスデー」(2019年1月24日)のご案内

墨田支所「施設公開ビジネスデー」(2019年1月24日)のご案内

印刷用ページを表示する 更新日:2018年11月8日更新

 

開催の概要

 墨田支所・生活技術開発セクターでは、「人間にとっての使いやすさ」を製品開発に活かすために、人間工学や生理計測に基づく高付加価値なものづくりを支援しています。新たな製品・サービスの創出を促進するため、「生活動作計測スタジオ」の整備および機器導入を進めています。
 施設公開では、これらを紹介するとともに、人にやさしいものづくりの進め方に関するセミナーを開催します。

チラシ表チラシ裏

チラシのダウンロードはこちら [PDFファイル/789KB]

日時

2019年1月24日(木曜日) 10時00分から17時00分

会場

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 墨田支所
(東京都墨田区横網1-6-1  KFCビル12F)

アクセスマップ http://www.iri-tokyo.jp/site/access/sumida.html

参加費

無料

セミナー  事前予約制】

初めてでも取り組める「人にやさしいものづくり入門」
-企業での実践方法と“使いやすさ”の第三者認証制度-

 講師 畠中順子 氏 (一般社団法人 人間生活工学研究センター 事務局長)
 開催時間 14時00分から15時30分
 定員30名
 内容私たちの身の回りは、日用品、家電製品、住宅設備など、さまざまな製品が満ち溢れていますが、使いやすさへの配慮が足りないものも見受けられます。特に高齢者や子どもへの配慮はあらゆる製品分野で課題となっています。
利用者の特性や生活環境を考慮した人にやさしいものづくりを行うには人間生活工学が役立ちます。このセミナーでは、人間生活工学に基づく人にやさしいモノづくりの進め方をご説明いたします。また見た目では分かりにくい“使いやすさ”を生活者に伝える第三者認証制度として、「人間生活工学製品機能認証」をご紹介いたします。
  ・「人にやさしいものづくり」とは
  ・製品開発プロセスと人間生活工学
  ・人間生活工学を取り巻く規格、人間特性データ
  ・人間生活工学製品機能認証制度
   
  受講のお申込みはこちら(外部リンク)

生活動作計測スタジオオープンNEW  【事前予約不要】

モーションキャプチャで計測した動作データから筋活動をシミュレートする筋骨格解析シミュレータや、フォースプレートを内包した歩行路など新機器を整備し、動作計測が行えるスタジオを新たにオープンします。
 受付時間 10時00分から12時00分まで、15時30分から16時30分まで

 

機器\筋骨格解析シミュレータ
筋骨格解析シミュレータNEW
(画像提供:株式会社テラバイト)
フォースプレート
フォースプレートNEW
機械的安全確認治具
機械的安全確認治具NEW

事業・機器紹介(施設見学)  【事前予約不要】

依頼試験で使用する装置および機器利用が可能な装置をご覧いただけます。
 受付時間 10時00分から12時00分まで、13時00分から16時30分まで
 見学設備 反発弾性試験機
  マイクロスコープ
  サーモグラフィー
  その他

 

低反発弾性試験機
反発弾性試験機NEW
マイクロスコープ
マイクロスコープ
サーモグラフィ画像
サーモグラフィ画像

お問い合わせ先

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 墨田支所
TEL 03-3624-3731(代表)
FAX 03-3624-3733

Adobe Reader(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ