ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 採用情報 > 職員と仕事の紹介5

職員と仕事の紹介5

印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月3日更新

事業化支援本部 技術開発支援部

3Dものづくりセクター

3Dものづくりセクターの写真

グループ紹介

3Dものづくりセクター大久保顔写真好会活動や職員間の交流も活発、仕事以外の環境も充実しているのが都産技研の魅力です。

 


技術開発支援部 3Dものづくりセクター 研究員
大久保 智【平成27年度採用】


3Dものづくり技術の駆使による中小企業の事業化・製品開発支援を目的とし、樹脂・金属造形分野、設計検証分野、品質評価分野で構成されています。樹脂・金属造形分野では、樹脂粉末や金属粉末などを材料としたAM(3Dプリンター)を活用して機械部品や電子機器などの試作品の造形を行っています。設計検証分野では、3D-CADによるモデル作成およびCAEによる構造解析を行っています。また、デジタイザーにより製品形状のスキャニングおよびデータ化を行い、製品形状の検査を行っています。品質評価分野では、各種測定機により製品の寸法・形状を高精度に測定し、品質評価を行っています。

 

 

現在の主な仕事内容は?

私は金属造形分野に所属し、金属AM(金属3Dプリンター)を活用した試作造形が業務の中心です。金属AMは比較的新しい技術分野であるため大きな可能性を秘めている分野でもあります。そのため、お客様からの依頼試験を行う時間以外には、自分で研究テーマを設けて、金属AMの品質向上に向けた研究を行っています。金属AMは注目技術である一方、まだ十分に知られていあに技術でもあるので、私たちの研究テーマや分野を一人でも多くの人に知ってもらうため展示会や見学会でのPR活動も精力的に行っています。

入所後、都産技研のここが気に入った!

日本のものづくりの基盤を支える中小企業の方々に自分の専門知識や技術で貢献していることが実感できる職場に魅力を感じました。現在もその魅力に変わりはありません。一方、様々な業種の方と接する機会が多い職場でもあるので、自分の専門分野以外の知識も増え、自分の成長が実感できることにも魅力を感じています。そして、福利厚生や育児などの休暇制度、同好会活動、職員間交流など仕事以外の環境も充実していますのでONとOFFの切替がスムーズにでき、毎日が充実した都産技研での生活を送っています。

就職活動中の学生へのアドバイス

私たちの都産技研のやりがいは、日本のものづくり産業の中心を担う中小企業を科学技術で支援し、人々の生活向上に貢献することです。自分の専門知識や技術をさらに成長・発展させて日本の産業に貢献したい方にはおすすめです。業務を通して様々な技術分野の方と接する機会が多いので、自分の専門性を広げたい方にもおすすめな職場です。

3Dものづくりセクターで働く写真

ページトップへ↑

先端材料開発セクター

先端材料開発セクターの写真

グループ紹介

先端材料開発セクター小汲顔写真コミュニケーション力も依頼試験を円滑に進めるにあたっての重要な要素。中小企業を支えることにやりがいを見いだせる人にはオススメな職場です。


技術開発支援部 先端材料開発セクター 研究員
小汲 佳祐【平成26年度採用】


先端材料開発セクターは、今年度(平成28年度)から新しく設置された部署です。微粒子・薄膜等の構造解析や特性解析を得意分野とし、高分解能の機器(TEMやNMRなど)に対応できる職員が所属しています。ナノテクノロジーを応用した製品開発(洗剤・化粧品など)を支援し、来年度からは印刷技術への支援も対応できるように準備しています。機能性材料の開発・研究を基本軸として、光触媒の開発や透明導電膜の開発、小型X線管球の開発など多様な研究が行われています。

 

 

現在の主な仕事内容は?

依頼試験・機器利用・研究開発の3つが主な業務になります。依頼試験は製品自体の分析(製品が、発注した材料で本当につくられているかどうかなど)や問題が発生した異物(製造過程で異物が発生した、または食品に異物が混入していたなど)の調査など多岐にわたります。研究は、有機薄膜太陽電池用の新規材料開発に取り組んでいます(有機合成)。大学と共同研究で新規物質を作り出し、より高効率な次世代型太陽電池を作り出すことを目的としています。

入所後、都産技研のここが気に入った!

「大学院までに学んだ知識を東京都のために還元できる」という点に魅力を感じて入社しました。世界有数の大都市である東京を支え発展させていくというところにもやりがいと誇りを感じています。現在はお客様からダメ元でと依頼された難しい内容に対して期待に沿えた結果が出せた際などに達成感・魅力を感じています。

就職活動中の学生へのアドバイス

中小企業をささえることにやりがいを見いだせる人にお勧めしたいです。専門的な知識をお客様の要望に役立てること、また並行して受動的に研究を行うことが必要になります。研究が嫌いな人には不向きですし逆に研究しかやりたくない人も不向きです。多様な業務を行うために幅広い知識を身に着けることが求められます。好奇心旺盛な人ならば、どんどん自分が成長することができ、それがまたお客様のプラスになるという好循環を作り出すことができます。

先端材料開発セクターで働く写真

ページトップへ↑

実証試験セクター

実証試験セクターの写真

グループ紹介

実証試験セクター小船顔写真中小企業を支援する業務に興味があり、外部の機関・企業との連携を通じて専門分野を伸ばしていきたい方におすすめの職場です。
 


技術開発支援部 実証試験セクター 副主任研究員
小船 諭史【平成22年度採用】


私が所属している実証試験セクターの業務は、企業の方々が開発した新しい製品や技術の実用化へ向けての支援です。実際に使用する条件で、環境試験や強度試験などの各種実証試験を行っています。実証試験を実施することで、製品や技術を実用化する上での問題点を把握することができ、実用化に向けての改良などがスムーズになります。実証試験セクターは、私が担当している製品・材料強度試験分野をはじめとし、温湿度試験、振動試験、瞬時停電試験、腐食劣化試験などの幅広い試験を実施する環境試験分野、電気及び温度計測器の校正を実施する電気・温度試験分野の3分野で構成されており、高品質・高性能な製品開発を支援(試験、研究)しています。

 

 

現在の主な仕事内容は?

私が担当している製品・材料強度試験分野では、引張、圧縮、曲げ、ねじり、疲労、硬さなどの各種強度試験を実施しています。試験では、実際の製品が多いため、どのような試験方法が適しているのか、どのような試験器具が必要となるかなど、利用される企業の方々と打ち合わせを重ねながら最適な試験方法を選択しています。研究では塑性加工に関するテーマに取り組んでおり、導入している数多くの試験機を使用して、加工条件と強度との関係などを調査しています。

入所後、都産技研のここが気に入った!

大学在学中に大学の最寄りの公設試験研究機関で試験をした経験から、都産技研の存在を知り、中小企業を支援する業務に興味を持ちました。現在感じている魅力は、企業の方々から新鮮な情報を得られる点です。利用される企業の方々は特定の技術に対して熟練されている方が多く、試験の打ち合わせなどを通して、長年培ってきた技術などについて教えていただく機会もあります。自己研鑚の場として理想的な条件が整っていると思います。

就職活動中の学生へのアドバイス

外部の機関・企業との連携を通じて専門分野を伸ばしていきたい方におすすめの職場です。例えば、各都道府県の公設試験研究機関が集まり、それぞれの専門分野の動向などを意見交換する機会があります。その他に、都内の大学との連携プロジェクトや中小企業との共同研究、学協会活動、専門分野の研究会への参加、展示会への出店など、センター外でも自分の活動の幅を広げていけるのも魅力の一つです。

実証試験セクターで働く写真

ページトップへ↑


ページの先頭へ