ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

海外規格Q&A「欧州RoHS指令」

印刷用ページを表示する 更新日:2017年12月1日更新

東京都のロゴ本ページのQ&Aは、東京都委託の「平成28年度海外展開技術支援『海外規格適合化の普及啓発』事業」により作成しました。

欧州RoHS指令 : 質問

質問一覧
参考情報

Q.1 RoHS指令について、理解を深めたい場合、どのような情報源を確認したらよいでしょうか?

EEE解釈

Q.2 電気駆動の製品と電気駆動ではない製品がありますが、両者でRoHS指令への対応に違いはありますか?

Q.3 現状RoHS指令適用外の製品ですが、お客さまへの販売上RoHS指令に対応する必要がありますか?

Q.4 ケーブルはその提供形態や用途によって、対応方法や対応時期などが異なるのでしょうか?

カテゴリー

Q.5 RoHS指令では、段階的に対象製品が拡大していますが、具体的な製品カテゴリーの内容と適用時期はどうなっていますか?

Q.6 RoHSのカテゴリー9は、一般用と産業用に細分化されていますが、この違いは何でしょうか?

Q.7 研究用や医療用等、様々な用途で利用される場合、自社製品はどの製品カテゴリーに該当するのでしょうか?

最新情報

Q.8 RoHS指令では特定有害物質として6物質群の含有が制限されていますが、今後特定有害物質は追加されるのでしょうか?

Q.9 RoHS指令では適用除外用途が定められていますが、適用除外用途は変更されるのでしょうか?

CE一般

Q.10 RoHS指令が求めるCEマーキング対応はどのような内容でしょうか?

Q.11 製品には従来よりCEマークを貼付していますが、RoHS指令に適合していることを示すRoHSマークの貼付が別途必要なのでしょうか?

Q.12 最終製品ではなく、電子部品(ヒューズ・スイッチ等)もCEマークの貼付や技術文書の整備などの対応が必要でしょうか?

Q.13 シリーズ化した製品であっても、個々の製品ごとに適合宣言書や技術文書などを作成することが必要でしょうか?

Q.14 RoHS(II)指令の技術文書として、どのような内容が求められるのでしょうか? 従来から作成していた技術文書とは異なるのでしょうか?

Q.15 小さな製品でCEマークが製品に貼付できない場合にはどうすれば良いでしょうか?また、技術文書は紙で常備しておかなければならないのでしょうか?

社内管理

Q.16 文具や家具をつくっているメーカーですが、これらが電子機器製品に使用される場合の適切な対処法について教えてください。製品材料に特定有害物質は使用していないので、不使用として宣言して良いでしょうか、分析は必要でしょうか。

Q.17  RoHS(II)指令対応において、サプライヤーからの非含有情報をどの程度まで厳しく集める必要があるでしょうか。RoHS(II)指令の要求に対して、日本企業は厳格に守ろうとしているが、EU企業の管理は甘いとも聞きます。

Q.18 RoHS(II)指令では、製造工程で特定有害化学物質を使用してはいけないのでしょうか?

Q.19 電子部品を製造していますが、RoHS(II)指令を順守するためにはどのような管理体制が求められるのでしょうか?

Q.20 機能追加等によって頻繁に仕様変更が発生する場合、RoHS(II)指令対応として、変更管理をどこまで厳密に行う必要がありますか?

Q.21 RoHS(II)指令の整合規格であるEN50581ではどのようなことが定められているのでしょうか?

Q.22 川中の部品メーカーですが、RoHS(II)指令の整合規格であるEN50581に基づいて管理をしなければなりませんか?

Q.23 RoHS(II)指令に対応するためには、ISO9001の認証取得が必要なのでしょうか?

Q.24 RoHS(II)指令に対応するためには、製造委託の管理はどのように実施すればよいでしょうか?

Q.25 サプライヤーのRoHS(II)指令への管理状況はどのように確認すればよいでしょうか?

Q.26 電気・電子製品を世界各国に輸出しています。各国の主要な法規制対象物質を網羅した業界標準はありますか?

Q.27 顧客から工程内で使用する工具について、RoHS(II)の特定有害物質が非含有であることを確認することが求められました。工具類は種類も数も多く、どこまで調査すべきか教えてください。

Q.28  当社は電気・電子製品以外にも使用される中間ユニットを製造しています。ある顧客からRoHS対応工場と非RoHS対応工場を分離することが要求されました。作業効率が悪く困っていますが、よい方法を教えてください

サプライチェーン

Q.29 サプライヤーに対して、化学物質情報の提供を求める場合に、RoHS(II)指令等の法規制によって定められた様式があるのでしょうか?

Q.30 RoHS(II)指令に対応するためには、自社製品を構成するすべての部品 について、サプライヤーから化学物質情報を入手することが必須なのでしょうか?

Q.31 部品など成形品サプライヤーから提出される情報は、どの程度の信頼性があるものなのでしょうか?

Q.32 サプライヤーのカタログでRoHS指令対応と明記されていれば、その情報を非含有の証拠書類(エビデンス)と考えて良いでしょうか?

Q.33 サプライヤーから法規制対象物質に関する情報を入手する必要がありますが、小さな会社は対応できず、入手するのが困難ですし、状況を考えると無理も言えません。どのように対応したら良いか教えてください。

Q.34 RoHS(II)対応で川中企業に位置しますが、川上企業が品質管理の中で4M(:人 (Man)、機械 (Machine)、材料 (Material)、方法 (Method))の変更を行っても、情報が流れてこないケースがあります。どう対応したら良いか教えてください。

Q.35 機械加工品を中国から輸入しています。中国加工メーカーは中国RoHSに対応していると言っていますが、管理が十分でなく、特にめっきを外注しており、めっき外注先の管理も行き届いていません。ヨーロッパ輸出向けの製品にこのような部品を使う場合には、EU RoHS(II)指令に適合しているかを毎回チェックする必要があるのか、またはどのように対応したらよいのか教えてください。

Q.36 大手である川下企業からRoHS(II)指令の濃度限界値よりも厳しい濃度測定データやRoHS(II)指令の対象となっていない化学物質のデータを求められることがあります。どのように対応したら良いか教えてください。

Q.37 製造を行っていない日本の商社がEUにRoHS(II)指令の対象製品を輸出する場合であっても、RoHS(II)指令などの製品含有化学物質へ対応が求められるのでしょうか?

分析試験

Q.38 RoHS(II)指令対応のため、特定有害化学物質の含有分析を行っていますが、分析コストを削減するための取り組みはどのように行えばよいでしょうか?

Q.39 自社で蛍光X線装置を保有しています。蛍光X線装置によって対象物質が検出されなければ非含有と考えて良いでしょうか?

Q.40 RoHS(II)指令への適合を証明するためには、分析試験結果が必須なのでしょうか?

Q.41 RoHS(II)指令に関する分析はISO/IEC 17025認定試験所が実施しなければいけないのでしょうか?

違反事例

Q.42 市場でのリコールなどRoHS指令違反が指摘された事例はあるのでしょうか?

他法規制

Q.43 RoHS(II)指令対象製品の出荷時に使用する梱包材について、顧客側の調達基準をもとにRoHS同様の対応を要求されました。梱包材もRoHS(II)指令の対象となるのでしょうか?

Q.44 RoHS(II)指令は電気・電子製品を対象としていますが、その他の製品でも固有の含有化学物質規制があるのでしょうか?

Q.45 REACH規則は化学物質に対する法規制と理解していますが、RoHS(II)指令の対象の電気・電子製品や部品といった成形品も規制の対象になるのでしょうか?

Q.46 RoHS(II)指令に対応した電気・電子機器はREACH規則にも対応しているといえるのでしょうか?

Q.47 REACH規則もRoHS(II)指令のように、技術文書のような文書類を整備することが必要なのでしょうか?

Q.48 中国RoHSはどのような内容なのでしょうか?

Q.49 その他アジア諸国にもEU RoHS(II)指令と同様の法規制があるのでしょうか?

Q.50 北米にも電気・電子製品を対象とした化学物質規制があるのでしょうか?

欧州RoHS指令:参考情報

 Q.1 RoHS指令について、理解を深めたい場合、どのような情報源を確認したらよいでしょうか?

RoHS指令に関する情報源として、下記のサイトが理解を深めるのに役立ちます。

欧州官報  RoHS Directive (2011/68/EU) 原文(英語)
Restriction of the use of certain hazardous substances (RoHS)
EUR-Lex - 32011L0065 - EN(外部リンク)

European Commission (EC) 環境総局RoHS指令関連ページ(英語)
Recast of the RoHS Directive(外部リンク)
RoHS(II)指令やWEEE指令など環境関連の規制に関するEU当局の公式サイトです。 RoHS指令の管轄当局が運営するサイトですので、情報の正確性や最新性が高いです。このサイトから、製品含有化学物質管理に関連する法規であるELV指令や包装廃棄指令の情報ページにもアクセスすることができます。

FAQ Guidance Document (英語)
Restriction of Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment(外部リンク)
RoHS(II)指令に関する「よくある質問と回答」が上記のEC環境総局RoHS(II)指令関連ページの中に設置されています。RoHS(II)指令が適用される製品範囲、CEマーキング対応の手順、適用除外の考え方など、実際の運用に関するアドバイスが記載されています。

The 'Blue Guide' on the implementation of EU product rules 2016(英語)
The 'Blue Guide' on the implementation of EU product rules 2016(外部リンク)
RoHS指令などEUニューアプローチ指令の実務運用を解説したガイダンスです。3.3項「Importer」など日本の輸出者にとっても参考となる情報が記載されています。

みずほ情報総研「ケミマガ」化学物質管理関連サイト新着情報メールマガジン
「ケミマガ」化学物質管理関連サイト新着情報メールマガジン(外部リンク)
国内外の化学物質管理に関する法規制情報を配信するメールマガジンですが、2004年からのバックナンバーがみずほ情報総研ホームページにアップロードされています。各国の公的機関等の公式サイトから発信された情報やリンク情報が掲載しております。

JETRO日本貿易振興機構 貿易・投資相談Q&A
貿易・投資相談Q&A(外部リンク)
JETRO日本貿易振興機構(ジェトロ)の公式サイトに、国内外の関連法規がQ&A形式で紹介されており、各国の化学物質法規制の情報も掲載されています。

chemSHERPA 最新情報
最新情報(外部リンク)
製品含有化学物質の情報伝達共通スキームであるchemSHERPAの公式ホームページにおいて物質リストの改訂などのchemSHERPA関連の最新情報が掲載されています。

Q&A一覧へ戻る


ページの先頭へ