ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 光音技術グループ > 照明関連の依頼試験・機器利用サービス

照明関連の依頼試験・機器利用サービス

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月1日更新

お知らせ

プラズマの発光スペクトル測定、プラズマパラメータ算出サービスの開始

発光分光計測によるプラズマの発光スペクトル測定およびプラズマの算出サービスをオーダーメード型技術支援にて承ります。

詳細は shoumei@iri-tokyo.jp までご相談ください。

下記のパンフレットも併せてご参照ください。

プラズマの発光スペクトル測定およびプラズマパラメータの算出サービス [PDFファイル/487KB]

 

照明・測光関連の依頼試験、機器利用サービス

概要

東京都立産業技術研究センター(以下、都産技研)では、照明・測光関連の測定サービス各種をご用意しております。
ご利用の際は、下記の依頼試験・機器利用対応表をご参照いただき、

  • ご希望の測定項目(全光束、配光、輝度など)
  • ご希望のサービス種別(依頼試験または機器利用)

をご選択の上、サービス種別ごとにお申し込み下さい。

依頼試験と機器利用サービスの違い

  • 依頼試験 ・・・ 試験品をお預かりし、都産技研にて試験を実施、試験報告書を提出させて頂くサービスです。
  • 機器利用 ・・・ 都産技研が測定機器を貸し出し、お客様ご自身に試験を実施いただくサービスです。
    • 測定機器の外部貸出は実施しておりません。機器利用は都産技研までお越し頂く必要がございます。

依頼試験・機器利用のサービス対応表

依頼試験・機器利用対応表
 実施可能な項目依頼試験機器利用備考
1全光束 (単位: lm ルーメン)

測定可能範囲 5 lm 以上
※分光全放射束の測定が必要なため、分光全放射束もあわせてお申し込みください。

2

全光束の時間変動(相対値)
(単位: a.u. 任意単位)

測定可能時間 100時間まで
(サンプリング間隔1秒ごと)
結果は、全光束の最大値に対する割合(相対値)で示します

3分光全放射束 (単位: W/nm)

測定可能波長 380-780nm

4光度 (単位: cd カンデラ)測定可能範囲 1cd 以上
5光度分布、配光 (単位: cd カンデラ)測定可能範囲 1cd 以上
6

色彩:
CIE1931色度座標 (x,y)、三刺激値(X,Y,Z)、CIE1960色度座標 (u,v)、CIE1976色度座標 (u',v')、黒体放射軌跡からの偏差duv、相関色温度Tcp(単位:K ケルビン)、平均演色評価数Ra、特殊演色評価数R1-R15

※測定できる項目が異なります。
【依頼試験】: (x,y),(u,v),duv,Tcp,Ra,R1-R15
【機器利用】分光放射照度計: (x,y),(X,Y,Z),(u',v'),Tcp,Ra,R1-R15
【機器利用】分光放射輝度計: (x,y),Tcp,Ra,R1-R15
【機器利用】色彩輝度計: (x,y),(X,Y,Z), (u',v'),Tcp

7光フリッカPSEの合否判定は致しません
8青色光網膜傷害のリスクグループ評価

JIS C 8105-1:2017 附属書JCに準拠

9消費電力 (単位: W ワット)安定器、電源込みの消費電力測定となります
※ほかの項目の依頼試験と、あわせて申込み下さい
(消費電力または恒温恒湿試験のみの依頼試験は不可)
10恒温恒湿試験×

※ほかの項目の依頼試験と、あわせて申込み下さい
(恒温恒湿試験または消費電力のみの依頼試験は不可)

11分光放射照度 (単位: μW/cm2・nm)

測定可能波長
依頼試験: 250-900nm, 900nm-2500nm
機器利用: 360-780nm

12照度 (単位: lx ルクス)

機器利用の場合には、分光放射照度計をご利用下さい。
(照度も測定できます。)

13

輝度 (単位: cd/m2色彩輝度計または分光放射輝度計をご利用下さい。

14

分光放射輝度測定可能波長 380-780nm
15光線追跡シミュレーションSPEOS for SolidWorks Studio 2018 1.2

詳細内容・お申込み方法

各試験・機器の詳細や、お申込み方法は、以下のリンク先に記載しております。
ご希望の項目に対応する、サービス種別(依頼試験 or 機器利用)をお選び下さい。

お問い合わせ先

ご不明な点は、光音技術グループ照明担当 shoumei@iri-tokyo.jp までご連絡下さい。

照明・測光に関する技術的なご相談も、上記アドレスで承っております。

 

 

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ