ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

資源環境

印刷用ページを表示する 更新日:2019年4月26日更新

研究室の概要

  • 高性能化・環境・行政課題に対応した無機材料の開発研究
  • ガラス製品の製造・破損に関する相談、技術支援 (都産技研ブランド)
  • ガラス・セラミックス材料の物性に関する試験
  • RoHS指令に関するスクリーニング試験

主な依頼試験

この他にも様々な依頼試験を行っております。お気軽にご相談下さい。

近年の研究

クリックすると、下記研究テーマの関連資料をご覧いただけます。

上記、研究にご興味がございましたら資源環境研究室までお気軽にお問合せください。

相談・支援

  • 資源有効利用・リサイクルに関するもの
  • ガラス製品の製造技術・破損事故に関するもの
  • RoHS指令、REACH規則への対応に関するもの
  • 無機材料の分析に関するもの

トピックス

 あざやかな赤色ガラスを、東洋佐々木ガラス株式会社との共同研究によって開発しました。

赤色ガラスについて

従来、あざやかな赤色ガラスを作るには有害元素(カドミウム) を使用しなければなりませんでした。

あざやかな赤色ガラスにニーズはあるものの、有害元素の使用が敬遠され、製造しにくい状況となっていました。

有害元素を使用せずに、あざやかな赤色ガラスを作る技術が求められていました。

prototype赤色ガラスの試作品

共同研究で実現

カドミウムを使用せず、モリブデンとネオジムを用いることであざやかな赤色を引き出す技術を、都産技研と東洋佐々木ガラス株式会社の共同研究によって開発しました。(特許第5579644号)

都産技研ではこの赤色ガラスを「茜硝子(あかねがらす)」として商標登録し、普及拡大をはかっています。(商標第5466219号)

akane_mark都産技研が使用する商標

 

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ