ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高分子材料

印刷用ページを表示する 更新日:2019年4月8日更新

主にプラスチックや高分子系複合材料に関する依頼試験、機器利用、研究、技術相談、ゴムに関する依頼試験、機器利用を行っています。
プラスチックの新規材料開発、天然高分子材料の機能性材料開発を行っています。

主な依頼試験

依頼試験のご利用方法・ご利用金は、依頼試験ページにてご確認ください。

  • 非金属材料の静的強度試験(コード:11611)
      万能試験機を用いて、ダンベル状や短冊状の強度試験を行っています。
      引張、三点曲げ、四点曲げ、圧縮試験の他に、恒温槽や伸び計などを使用した試験も可能です。 
      (注)恒温槽など一部のオプションを使用した場合、試験料金がその分増額されます。 依頼試験ページにてご確認ください。
  • 非金属材料の衝撃試験(コード:11711) 
      デジタル衝撃試験機(最大容量22J)を用いて、プラスチックの衝撃強さの試験を行っています。
      プラスチック以外の材料については、試験をお受けできません。
  • 流れ試験(メルトフローレイト)(コード:12711)
  • 荷重たわみ温度試験(コード:12611)
  • ビカット軟化温度試験(コード:12B11)
  • キャピラリレオメータによるせん断粘度測定(コード:12F11)
  • 上下振動による動的粘弾性試験(コード:12G11)
  • 椅子の強度および耐久性試験

機器利用

機器利用のご利用方法・ご利用金は、機器利用ページにてご確認ください。

  • デュロメータ硬さ試験(コード:825)
  • プラスチック射出成形CAEシステム(コード:H72,H73)
  • 試験片裁断機(コード:K25)
  • 電動射出成形機(コード:HQ1)
  • 空圧式射出成形機(コード:HR1)
  • 混練・押出成形機(コード:HP1)
  • 樹脂混練ミキサー(コード:HT1)

主な設備・機器

研究

  • プラスチック複合材料の機械的強度に関する研究
  • CAEソフトウェアを使用したプラスチック射出成形条件の最適化

 


ページの先頭へ