ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究課題外部評価 > 平成27年度評価結果(ものづくり基盤技術分野)

平成27年度評価結果(ものづくり基盤技術分野)

印刷用ページを表示する 更新日:2017年12月1日更新

 

評価内容

評価員:5名
評価対象テーマ:9件

  • テーマ1: ほうろうの不具合の評価方法について
  • テーマ2: ポリマーナノコンポジット作製への取り組み
  • テーマ3: e-テキスタイルの燃料電池部材への応用
  • テーマ4: 大電流パルススパッタ膜の成膜技術の開発
  • テーマ5: 全固体電池用マイクロ構造化セラミックスの製造技術開発
  • テーマ6: 金属間化合物の寸法制御によるマグネシウム焼結合金の高強度・高延性化
  • テーマ7: 元素添加による異材摩擦攪拌接合界面での金属間化合物層厚さの抑制
  • テーマ8: 近赤外分光法を用いた光学活性医薬品の識別
  • テーマ9: 高剛性サンドイッチコアの開発

評価結果

項目別評価詳細

分野としての公共性、技術性、戦略性および総合評価について、(A)非常に良い、(B)良い、(C)やや良い、(D)やや悪い、(E)悪い、の5段階評価

ものづくり基盤技術分野 項目別評価グラフ

評価コメント

  • 今後、日本のものづくりで必要な技術が幅広分野で網羅されている。また、企業との共同研究、技術支援に直結する研究構成になっているように感じた。さらに今後発展が期待される独創的な発想の研究が見られた。
  • 独創的な発想のシーズ研究については、継続性が求められる。また、企業との連携性を徐々に高めて、外部資金への展開、実用化が期待される。
  • 表面処理や、分析技術を用いた開発報告では、従来の技術と新規技術の優位性が分かり、参考になった。さらに、新規の技術において、処理技術や分析精度をより高めていく研究も必要となると思われる。また、不測の現象が多発する新たな技術開発では、基礎的な解析研究がもっと多くあって良いと感じた。
  • 研究テーマの設定が良く考えられている。中小企業ニーズに対応したテーマ、学術的テーマ、将来技術のベースとなるテーマ等大きな視野に立ったテーマ設定がされている。
  • 良きテーマは、技術目標も明確になり、独創性と新規性も強くアピールし、研究の進め方や特許、外部資金を得るのに強力な武器になっている。都産技研の社会的存在意義に基づいた研究活動を展開しており高く評価できる。要するに長期的な戦略に基づき優れたテーマを選定している事につきるのではないか。(論文作成のみを目的とした研究でない点も評価できる。)
  • 全般として、ニーズに対し、力学特性評価/設計、金属・ガラス材料、化学分析等の得意分野を生かした対応がなされ、研究水準の高さを保つとともに成果に結びつけている。引き続き、所内技術の継承にご配慮頂きたい。
  • 成長分野や新技術に果敢に挑戦しており、新事業支援への方向性が見られる。
  • 個々の課題に対しセンター内の専門家に聞く等、総合力を発揮する環境作りにさらにご留意頂き、さらなる研究の高度化、実用化の促進を目指して頂きたい。

ページの先頭へ