ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究課題外部評価 > 平成26年度評価結果(メカトロニクス分野)

平成26年度評価結果(メカトロニクス分野)

印刷用ページを表示する 更新日:2017年12月1日更新

 

評価内容

評価員 7名、 評価対象 テーマ数:1

  • テーマ1:バルーンロボットの開発

評価結果 

項目別評価詳細分布

分野としての公益性、技術性、発展性及び総合評価について、(A)非常に良い、(B)良い、(C)やや良い、(D)やや悪い、(E)悪い、の5段階評価。

メカトロニクス分野 評価結果のグラフ

評価コメント

  • 社会性の高い人ができない震災ロボット・高齢化対応ロボットの研究を目指して欲しい。
  • 空中でのメリット(例えば、手が届かない天井掃除ができるロボット等)の検討。
  • ニーズに即応した和み・癒しのある商品へと発展が期待できるテーマの設定である。
  • 臨海地区がオリンピックの競技会場となるので連携を強化して、プロジェクトなどの企画立案・実施にもとり組んでいくことを期待する。
  • 開発中のロボットは中小企業が取組みやすいもので、多くの中小企業支援が期待できる。

 


ページの先頭へ