ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究課題外部評価 > 平成26年度評価結果(品質強化分野)

平成26年度評価結果(品質強化分野)

印刷用ページを表示する 更新日:2017年12月1日更新

 

評価内容

評価員:6名、評価対象テーマ:4テーマ

  • テーマ1: 赤外域における放射照度分布測定の検討
  • テーマ2: 熱電対を用いた表面温度測定における誤差の低減化
  • テーマ3: レーザー干渉計の不確かさ算出方法の開発
  • テーマ4: ガラスの鏡面創成用砥石の研究

評価結果

項目別評価詳細分布

分野としての公益性、技術性、発展性及び総合評価について、(A)非常に良い、(B)良い、(C)やや良い、(D)やや悪い、(E)悪い、の5段階評価。

品質強化分野 評価結果のグラフ

評価コメント

  • 中小企業において必要とされる評価方法。基盤技術の研究であるので今後も続けるべき。
  • 研究の目的がハッキリとしていない(ボヤけている)様に感じた。
  • セッション名と各発表の内容に大きな乖離を感じる。「品質強化」ではなく、「品質強化のための評価技術」とか「品質強化に関連する計測・定量評価技術」が良いのではないか?

ページの先頭へ