ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究課題外部評価 > 平成25年度評価結果(環境・省エネルギー分野)

平成25年度評価結果(環境・省エネルギー分野)

印刷用ページを表示する 更新日:2017年12月1日更新

 

評価内容

評価員:5名、評価対象テーマ:7テーマ

  • テーマ1: 微小目合を有する農業用防虫編地の開発
  • テーマ2: 新たな腐朽診断技術開発に向けた揮発性メタボライトの検討
  • テーマ3: プラスチック製品に含まれる臭素系難燃剤(PBB・PBDE)の精密分析手法の最適化
  • テーマ4: Co、Ce系酸化物触媒の製品化に向けた取り組み
  • テーマ5: 電子線照射によるスチレン・マレイミド共重合反応の溶媒効果
  • テーマ6: 低コストで迅速なCOD測定法の開発
  • テーマ7: 新旧音響試験室における音響透過損失の比較

評価結果

分野としての公益性、技術性、発展性及び総合評価について、(A)非常に良い、(B)良い、(C)やや良い、(D)やや悪い、(E)悪い、の5段階評価。

環境・省エネルギー分野評価分布表

 

総合評価B以上の割合:80%

評価コメント

  •  中小企業と言えども、国際対応は今後ますます重要になってくるので、中小企業を支援するために、都産技研自体の国際対応力(国際規格の審議力、提案力、英語力)を更に向上させる努力が必要である。
  • 環境省の環境エネルギー分野のキーワードを基に都産技研は活動している。
  • 若手の研究者が多く、市場性や発展性を踏まえたテーマ設定がされている。

 


ページの先頭へ