ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 研究課題外部評価 > 平成25年度評価結果(EMC・半導体分野)

平成25年度評価結果(EMC・半導体分野)

印刷用ページを表示する 更新日:2017年12月1日更新

 

評価内容

評価員:8名、評価対象テーマ:3テーマ

  • テーマ1: マイクロ波帯における電波吸収体の評価法の確立
  • テーマ2: 高い信頼性を有するガス電子増幅器の開発とその特性評価
  • テーマ3: LSPRセンサヘッドの開発

評価結果

項目別評価詳細分布

分野としての公益性、技術性、発展性及び総合評価について、(A)非常に良い、(B)良い、(C)やや良い、(D)やや悪い、(E)悪い、の5段階評価。

EMC半導体分野評価分布表

 

総合評価B以上の割合:100%

評価コメント

  •  具体的なニーズがあって技術研究・開発を実施しているのか、ターゲット・必要とされる仕様を明確にしてほしい。
  • 各人の技術力としては、それぞれの分野である程度のレベルにあると認識できるので今後も人材育成に注力してほしい。
  • LSPRセンサーヘッドも高く評価できる開発であるが、生産技術は企業と組んで製品化を実現してほしい。
  • 半導体の全てを知り、各種製品の実現化に期待ができる。特に半導体に関する装置は中小企業では持てない。また、半導体の寿命が把握できていれば、小型軽量、低コスト化を推進しやすい。しかし、半導体の全てを知るには困難なところもあり、これを中小企業に支援する基盤として期待は大きいと思う。個別のご発表では半導体化の強みが発揮されていると思う。
  • 他の分野と比較して技術性の高さを感じました。特許出願されている技術もあるとのことで、将来事業化にうまく繋がることを期待する。
  • 都産技研に導入した機器や設備を上手く活用して研究ができている。

 


ページの先頭へ