ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 開発企画室 > 平成24年度評価結果(品質強化分野)

平成24年度評価結果(品質強化分野)

印刷用ページを表示する 更新日:2017年12月1日更新

 

評価内容

評価員:6名、評価対象テーマ:5件

  • テーマ1: 高エネルギーX線を集光する多段屈折レンズの性能向上と評価
  • テーマ2: 三次元座標測定機簡易チェックゲージの開発
  • テーマ3: 測定室の温度環境及び三次元測定機の測定精度向上
  • テーマ4: グロー放電発光分析法によるアルミニウム陽極酸化皮膜の厚さ測定
  • テーマ5: プライマーの違いによる難付着金属への塗装効果

評価結果

評価分布

総合評価(分野としての適切さ)、項目別評価(公共性、技術性、戦略性)

項目別評価詳細分布

分野としての公共性、技術性、発展性について、(A)非常に良い、(B)良い、(C)やや良い、(D)やや悪い、(E)悪い、の5段階評価

H24hinshitsu.jpg

評価コメント

  • 都産技研の立場から、中小企業に役立つ技術情報が何かという面で上記のテーマと成果は適切なものといえる。品質強化のタイトルの基に、新製品技術開発に類するもの、品質管理を強化する技術及び情報を含めており、全体的にまとまっていると評価できる。
  • 品質強化は、技術性、戦略性では低評価だが、日本ブランドの根幹であり、中小企業をはじめ公共性は高い。継続的な取り組みが必要である。
  • 実験計画の中で、中小企業が困っているものから出発した場合、対処療法にならないように抽象化して全体を考えて要因を出し、原因追求も必要だがロバストネスを探すことまで考えると、後で耐久試験を行うといったことがなくなるように思える。
  • 研究活動を行っているときにわかってきた未知なるものは仕方がないが、短期開発ではなるべく全体を考慮してはと思う。
  • 品質強化分野は、品質技術、信頼性技術、安全技術の総合技術で取り組むことも少しPRしてはどうか。
  • 品質向上に向けた計測システムの研究、品質向上へのアドバイスの効率化に一定の成果がみられる。
  • 外部資金獲得の可能性も一部みられる。
  • 品質強化に関連する今現在重要とされる分野が網羅されていないのではという印象がある。私の活動分野である照明について現在LED照明器具の測定技術が大変重要で、OLEDなども今後重要な工業品になることを考えると、配光分布測定、照度分布測定などの分野の充実を望む。
  • 具体的なニーズに対する実用的なテーマ設定がされていると思う。目の前の1つの課題に取り組みつつ、分野全体での位置づけを忘れずに広く展開していければより発展すると思われる。

 


ページの先頭へ