ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 振動試験機[電子・機械G]

振動試験機[電子・機械G]

印刷用ページを表示する 更新日:2019年6月10日更新
設備利用
依頼試験
分類
K:強度・硬さ・振動・衝撃:振動
対象
 
仕様

最大加振力:16kN
振動数範囲:5Hzから3000Hzまで
最大変位:51mm p-p
搭載重量:300kg未満
最大加速度:1250m/s2
加振方向:垂直・水平方向
実施可能試験:サイン・ランダム・衝撃

※使用する加振テーブルや試験品の重量等によって制限されます。

用途
加振台に載せた製品に対して垂直・水平方向の機械振動を与え、様々な製品の振動耐久性や、共振振動数を確認する
製造者
IMV
型番
EM2301
導入年度
2009
設置場所
多摩テクノプラザ
グループ
電子・機械グループ
試験規格対応
  • JIS Z 0232
備考
  • 提示された加振条件を出力できるという意味であり、完全準拠ではありません
  • 試験条件が複数提示されているものに関しては、一部のみ可能です
  • 試験品の重さ、大きさなどによっては実施できない場合があります
  • 上記規格は最新版についての記載になります
※( )内は2019年10月1日からの料金
設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
依頼試験 8.1.1. 動電形振動試験機によるもの 加振力10kN以上の試験機によるもの(共振試験及び伝達特性試験)[1時間につき] 81111

7,097円

(7,220円)

7,097円

(7,220円)

依頼試験 8.1.1. 動電形振動試験機によるもの 加振力10kN以上の試験機によるもの(加振試験又は衝撃試験)[1試験1時間につき] 81112

7,097円

(7,220円)

7,097円

(7,220円)

振動試験機4

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ