ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水銀測定装置

印刷用ページを表示する 更新日:2016年12月19日更新
設備利用
依頼試験
分類
A:分析・評価:機器分析
対象
化学
仕様

測定方法:還元気化原子吸光法(開放送気方式)
検液量:5mL及び250mL
オートサンプラ(5mL)・試薬分注器付属

用途
液体中に存在する水銀の定量分析
製造者
平沼産業株式会社
型番
HG-400
導入年度
2008
設置場所
本部
グループ
環境技術グループ
試験規格対応
備考

液体試料中に存在する水銀を測定します。
水銀は排水などにおける規制が最も厳しい元素の1つです。本装置では、pptからppbレベルで水銀の分析を行います。
工場排水など共存物質の多い試料では、基本的に酸を用いた前処理が必要です。

水銀測定装置

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ