ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > スクリーン印刷関連装置

スクリーン印刷関連装置

印刷用ページを表示する 更新日:2019年3月5日更新
設備利用
その他
分類
M:加工機・造形機:加工機
対象
ガラス・セラミック
プラスチック
化学
 
仕様

[スクリーン印刷機]

本体装置サイズ:W1380×D1150×H1700mm
ワーク:最大ワーク寸法 250mm×250mm、最小ワーク寸法 100mm×100mm、ワーク厚み 0.1から5.0mm
版枠:最小版枠寸法 320mm×320mm、最大版枠寸法 550mm×550mm、版枠厚み 15から30mm(25mm未満はスペーサーで対応)
印刷方向:ワーク流れに対して直角方向(印刷部操作面から見て手前⇒奥)
版枠固定方法:版枠固定、4点エアークランプ、枠バー固定、後部エアークランプ
スキージ:スキージ印圧 0.05から0.50MPa、上下調節量 -5.0から10.0mm、スキージ角度 60°から90°(角度目盛り付き)、スキージスピード 5.0から300.0mm/s、スキージストローク 365mm(手前-175.0mmから奥+190.0mm)
クリアランス:0.0mmから10.0mm
印刷テーブル:テーブル寸法 W350mm×D510mm

[露光機]

本体装置サイズ:W1360×D1430×H1250mm
最大枠寸法:1000mm×1000mm
使用ランプ:3kWメタルハライドランプ
密着方式:バキュームポンプ真空密着式

用途
種々の機能性材料の印刷や、機能性材料を用いた各種素子の試作などに利用可能です
製造者
株式会社セリアエンジニアリング
型番
SSA-PC250E-IP
導入年度
H29
設置場所
本部
グループ
先端材料開発セクター
試験規格対応
備考

オーダーメード開発支援にて対応いたします。詳細はお問い合わせください。
先端材料開発セクターはこちらへ

スクリーン印刷の基本的な手順を動画でご覧いただけます。

スクリーン印刷関連機器

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ