ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 機器・設備検索 > 本部中型振動試験機

本部中型振動試験機

印刷用ページを表示する 更新日:2021年8月16日更新
設備利用
依頼試験機器利用
分類
K:強度・硬さ・振動・衝撃:振動
対象
機械
 
仕様

最大加振力:サイン波/16kN、ランダム波/11.2kNrms
振動数範囲:3Hzから3000Hzまで
最大加速度:1250m/s^2
最大速度:2.2m/s
搭載重量:300kgf (試験品、治具、ボルト等を含む重量)
最大振幅:51mm p-p
加振方向:上下および水平方向
実施可能試験:正弦波試験、ランダム試験、衝撃試験

用途
振動試験
衝撃試験
製造者
IMV株式会社
型番
EM2301
導入年度
2011年度(平成23年度)
設置場所
本部
グループ
機械技術グループ
試験規格対応
  • JIS E4031
  • JIS Z0200(2013)
  • JIS E3014(一部のみ)
  • JIS D1601
  • JIS C60068シリーズ
備考

<安全のため、原則として依頼試験での運用となります> 

設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
依頼試験 3.1.1. 振動試験 1.1. 加振力10kN以上の動電形振動試験機による [1時間につき] T311111 7,220円 8,010円
機器利用 6.4. 振動試験装置 大型振動試験装置(加振力10kN以上)[1時間につき] S61421 2,350円 4,590円

本部中型振動試験機

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

Adobe Readerダウンロードはこのリンクから(外部リンク)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ページの先頭へ