ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

音質分析装置

印刷用ページを表示する 更新日:2016年12月19日更新
設備利用
機器利用その他
分類
D:音響・照明・赤外線:音響
対象
 
仕様

1)心理音響分析機能

ラウドネス(ISO532B)、シャープネス、ラフネス、トーナリティ、変動強度、会話明瞭度 など

2)その他音響分析機能

オクターブ分析、スペクトログラム分析

3)音質シミュレーション(フィルタリング)機能

ハイパス、ローパス、バンドカット/ブースト

4)バイノーラル録音装置

  • HATS Type 4100
  • Binaural Recording Headphone Type 4965

5)再生装置

  • RME FIREFACE UC
  • STAX SRS-3170 など
用途
騒音の音質評価
  ・心理音響パラメータの分析(ラウドネス,シャープネスなど)
  ・音質シミュレーション
製造者
ブリュエル・ケアー
型番
Automotive Sound Quality Bundle BZ-6047
導入年度
2010
設置場所
本部
グループ
光音技術グループ
試験規格対応
備考

関連設備:無響室, 半無響室, ダミーヘッド(HATS)

設備利用料金表
設備利用 分類番号 試験項目 項目コード 中小料金 一般料金
機器利用 12.10. 音質分析装置  [1時間につき] CA1 2,860円 5,620円

音質分析装置解析画面

  • 設備・機器に関してのご質問、依頼試験・機器利用のご予定等は、設備場所をご確認のうえ、事業所 連絡先の電話番号にご連絡ください。
  • ご利用方法・ご利用料金は各ページにてご確認下さい。依頼試験のページを見る 機器利用のページを見る
  • 代表的な試験の料金を表示しています。詳しくは試験担当者にお問い合わせください。
  • 企業規模、業種によって料金が異なります。適用料金、支払方法は適用料金の分類をご覧ください。

ページの先頭へ